IP4830 廃インクエラーリセット・メモ

メモとして残しておきます。

メンテナンス・ツール Service Tool v3400のダウンロード(検索して調達)

メンテナンス・モードに入る
 電源が切れた状態から→リセットボタンを押す(離さない)→電源ボタンを押す(離さない)・(リセットボタンと電源ボタンを押したままで5秒ほど待つ)→リセットボタンを離す→リセットボタンを2度押す→電源ボタンを離す

Service Tool v3400を起動(解凍からから始まるかも知れません)

Photo

Ink Absorber Counterで、Count Valueを0(通常は0と表示されている)を確認し、Set

「A function was finishied」と出ればカウンタリセット完了

http://z0001.blog87.fc2.com/blog-entry-213.html 及びコメントを参考にしました。

※上記ページのコメントによると、Service Tool v2000でもリセットできるようです。
※さらに追記 http://z0001.blog87.fc2.com/blog-entry-2.html も参考になりました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

facebook恐るべし

私はfacebookはほとんど使っていなかったのだが、まわりの人たちがずいぶん使い始め、その広がりと効果に驚いている。
まず、長男の所に行っていた連れ合いからの友達申請があった。承認するとそのまわりの人たちがfacebookを始めていたことが分かった。しかも、選挙についての記載が多い。日本共産党はネット選挙の解禁にあたり、SNSやHP、ブログ等の活用を呼びかけたのでそれにこたえた面もあると思う。
簡単に「友達」とやり取りできることがfacebookl利用の一番の理由のようだ。スマートフォンから簡単にアクセスできることも敷居が低くなった理由の一つだろう。
友達申請はアメリカ在住の甥からも来て、facebook上で写真を見ている。

私はガラケーなので、油断するとこうした動きにおいて行かれそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まぎらわしい表記-Windows7のファイルの回復

PCの引っ越しが完了したのでバックアップを作成しようとコントロールパネルを見たら、win8には「バックアップと復元」がない!
すぐ検索してみたら、「Windows7のファイルの回復」がそれだという。確かにそうだった。同じ機能であれば名前を変えるのはまちがっていると思う。

万が一のために、「システムイメージの作成」を行った。この機能で救われたことがあるので、PCが順調に動いているときにつくっておくことにしている。

データも1週間毎にバックアップする設定にしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PCの引っ越し完了

PCを新しくしたので、年末からデータ等の引っ越しに取り組んでいました。引っ越しと今まで使っていたPCを譲るための準備もしていたので、三日ほどかけてようやく終了しました。

windows8にしたのですが、タブレットPCのように画面を直接タッチして使うのに適した「モダンUI」は使いにくいし(もともと使っているディスプレイにはタッチパネル機能がない!)、従来のWindowsの感覚で使えるという「デスクトップUI」もすぐには慣れそうもないので、Classic Shellというソフトでデスクトップ画面をwindows7のようにしています。

続きを読む "PCの引っ越し完了"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ip4100はよく働きました

3月にプリントヘッドを洗浄↓したip4100をあきらめた。
http://t-niioka.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/ip4100-5bc3.html
順調に使用していたのに、昨日、印刷の途中でカラー全色が出なくなった。

続きを読む "ip4100はよく働きました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エプソンダイレクトは技術料無償で対応

http://www.epsondirect.co.jp/support/information/2011/disaster201103.asp

エプソンダイレクト製品((コンピューター本体、ディスプレイ、プロジェクター)については、保証期間の内外にかかわらず、修理可能な状態であれば修理に関わる技術料(基本修理料金/診断料/送料)は無償、部品交換が必要な場合は、部品代のみ負担
とアナウンスがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

被災製品を無償提供-ジャストシステム

メールで下記ページが案内されている。
ユーザー登録(またはライセンス登録)の住所が災害救助法適用市町村の場合、破損あるいは紛失した製品が無償で提供されるとのこと。
http://www.justsystems.com/jp/info/if11001.html?m=jui1e01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IP4100-プリントヘッド洗浄の顛末

IP4100の3eBKインクを交換したらかすれが出始め、いくらクリーニング、強力クリーニングを繰り返してもなおらないので、プリントヘッドを洗浄することにした。最初はインクの品質を疑ったのだが、canon純正だし、前述のようにクリーニングでも変化がなく、印刷枚数もおそらくは4万枚(38805枚)近いので、原因はヘッドかも知れないと考えたのだ。
一応canonのサポートにも問い合わせたがすでに修理は受け付けていない。
そこで、↓ページを参考にプリントヘッドの洗浄を試みた次第である。http://www.geocities.jp/va_nyan/cleaning3.html

続きを読む "IP4100-プリントヘッド洗浄の顛末"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

canon ip4100で「廃インク吸収体が一杯」に対処

今朝、報告書を印刷していたらプリンター(canon ip4100)から「廃インク吸収体が一杯」というエラーが出ました。5年以上使っているのでエラーが出るのは当然(印刷枚数は32,986)なのですが、このエラーはメーカー対処の問題なので、修理費用+送料で9000円近くなります。買い換えかなと思いながら、検索して↓をみつけてさっそく実行し、無事にリセットできました(インク吸収体の洗濯と廃インク情報のリセット)。感謝です。
http://blogs.yahoo.co.jp/touchan_since1971/34327652.html#34327652

画像があるのでわかりやすく、その通りにすすめて3時間ほどで完了しました。
反省点は、廃インク吸収体の配置はカメラで記録すること(復元時に悩みました)。作業の注意をよく読んで手順通りすすめること(CDトレイのセットを間違えました)。
なお、印刷枚数は「プリンターからのレポート」を印刷して知りました。上記HPの手順。
それにしても、廃インク吸収体を洗った際に要したお湯はバケツで50杯以上だと思います。驚くほどたっぷりのインクが含まれていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長形40号の印刷-iP4100の場合

前に使用していたEPSONのプリンターには「180°回転」という設定があったのですが、CanonのiP4100の封筒印刷は、長形3号と長形4号だけ(他は洋形)しかできません。大判の封筒は宛名ラベルを使うので困らないのですが、A4文書をを送る場合に使う長形40号の印刷で悩んでいました。

わかりにくいと思うので追記。封筒の印刷は、宛名と下部には発送者・住所等を印刷します。下部からでないと通りにくく、印刷もうまくいかないので、基本は、「180°回転」印刷だと思います。

ひらめいてやってみたのは、長形3号の設定で印刷することです。
宛名面を40号のサイズになるように宛名、住所、発送者枠を入力し、郵便番号の位置を少し下げて印刷することです(郵便番号枠のサイズ、右からの位置は共通。郵便番号枠の位置は0.1㎜単位で調整できます-楽々はがきの場合)。
楽々はがきというジャストシステムのソフトを使っているので、位置の調整やサイズの変更は簡単、3号のものを編集するだけです。
成功しました。長形3号と40号は幅はかなり違いますが、長さの違いは僅かです。iP4100は用紙のサイズを長さで検出しているようで、連続印刷を行っても問題は発生しませんでした。
こうして作成した宛名面を保存、くり返し利用しています。

追記 wordlで封筒やはがきの宛名を作成している人も多いと思いますが、はがき作成ソフトの簡便さにはかないません。たぶん今の時期、はがき作成ソフトは安いので、購入してみてはいかがでしょうか。

追記2 楽々はがきは独立したソフトです。一太郎2010に搭載されている「楽々はがきセレクト」のことではありません。

追記3 やってみると角2や角3の封筒は、上部からの印刷でも紙送りは大丈夫でした。前述の問題は定型40の場合だけでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)