« 春闘学習会のお知らせ | トップページ | 年度更新 »

3年目という表現

「福島原発事故から3年目を迎えようとしています」という文章を読み、違和感を感じた。
報道では、「福島原発事故から3年」という表現がほとんどで、あえて「3年目」と言うのは珍しい。
「入社一年目」や「二年目のジンクス」という言い方はよく聞くが、一年目は当年度、二年目は1年経過した後の1年をさす。数え年と同じで「一から始まる」。
「○○から3年目」とあるので、3年後を意味しているのは確かなのだが、しっくりこない。これは「目」をつけるべきではないと思う。
蛇足だが、「ここで会ったが100年目」は99年経過した後の100年目の初日なのかと思う。
そういえば、何の根拠もなく、「3年目の浮気ぐらい大目に見ろよ」というおよそ許されっこないフレーズの歌もあった。事件は、いつのことなのだろう?

ついでに言えば「ゼロから始まる、マイナスから始まる」も感じはよく分かるが(座標軸のイメージで)、やや耳障りな感じは否めない。

|

« 春闘学習会のお知らせ | トップページ | 年度更新 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188576/59296789

この記事へのトラックバック一覧です: 3年目という表現:

« 春闘学習会のお知らせ | トップページ | 年度更新 »