« 8月12日も朝市署名 | トップページ | 花火2012 »

母のマンズナルインゲン

実家から贈られた野菜に大型で平莢インゲンが入っていて、おいしくいただいた。八戸ではスーパーでも見かける種類のインゲンで、名前を確認したら「マンズナルインゲン」。
http://noguchiseed.com/hanbai/tane/shosai/1079.html

岩手の言葉でマンズ(すごく)、ナル(良く採れる)、インゲン。すごく良く採れるインゲン=マンズナルインゲンと別の種屋さんが説明している。

母は、自分が管理している畑に植える種を買いに行った地元の種屋さんで、「立派そうな人がこれを買ったのを見て、きっと良い品種だと思い、買った」のだと言う。
85歳の母だが、真似る=学ぶ精神を保ち続けていることを知った。

と書いたが、母が育てたのはモロッコいんげんかも知れない。種屋さんの写真や、今はモロッコインゲンが主流と言う記事を見た。
http://shop.takii.co.jp/CGI/shop/search/detail.cgi?item_code=ASA151

8/17すぐ追記

|

« 8月12日も朝市署名 | トップページ | 花火2012 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188576/55442048

この記事へのトラックバック一覧です: 母のマンズナルインゲン:

« 8月12日も朝市署名 | トップページ | 花火2012 »