« 野田村・青空市に参加 | トップページ | 勝手にPR-パズル・四色方陣 »

清武氏の閑話球題

先だってジャイアンツの球団代表兼GMを解任された清武氏のコラム「閑話球題」がなかなかおもしろい。

http://www.giants.jp/G/momoi/

間違いがありました。コラムの執筆者は「読売巨人軍社長 桃井 恒和」さんでした。

育成選手を育てたやり方も、新しいジャイアンツへのイメージがあり、期待していた。
今回の出来事について、私は清武氏の意見に同感したので、支持するメールを送ったのだが、残念ながら解任されてしまった。
「閑話球題」もまもなく消されるかも知れないので、ご一読を。

ブログサイドバー、今週のマガジン9の「マガ9スポーツコラム」の「ぼくがアンチ巨人をやめた理由」もどうぞ

これも追加 http://sportiva.shueisha.co.jp/series/odajima/2011/11/18/post_15/

2012/2/16修正

|

« 野田村・青空市に参加 | トップページ | 勝手にPR-パズル・四色方陣 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初めてコメントさせていただきますELIEです。
記事とはずれてしまうのですが「放射能 八戸」で検索したところこちらに辿り着きました。
うちには幼稚園に通う子供がいますが、その幼稚園にも福島の浪江から避難してきた子供が通っています。八戸は六ヶ所や東通と目と鼻の先ですし今後の事を考えても、とても福島の事を人ごととは思えません。
八戸が安全だと思っているのに、市では瓦礫処理を受け入れる方向を指していて残念だし、八戸や青森で放射能から子供を守る会も全くなく(秋田県でも発足しているのに)幼稚園の給食には「基準値内で出荷している」北関東の食材が並んでいても先生方は全く気にしていません。世間でもちょっと産地にもの言おうものなら、モンスターやきちがい扱いで、青森は子供には厳しいですね。悲しくなります。・・・すみません、グチってしまいました。


投稿: ELIE | 2011年11月25日 (金) 16時54分

ELIEさんコメントありがとうございます。
私は、放射能については必要以上に恐れることはないと考えています。ですから、八戸市ががれき処理を受け入れることにも反対ではありません。
福島の子どもたちの原発事故直後の被曝、とくに内部被曝については調査がまったく不十分です。情報もお粗末でしたので、子どもを守るために(各個人が、自主避難を行うなど)様々な対応をとらざるを得なかったのですね。原発事故について、情報を隠さず、放射能被曝の危険性を正しく伝えることが大切だと思います。

原発よりもはるかに危険な核燃から50㎞の八戸では、核燃廃止の運動をもっと強めなければと思っています。
先日、地労連(三八地方労働組合総連合)として八戸市に要望書を出しましたが、このことについての見解を求めました。八戸市に、福島県内全ての原発の廃炉を方針とした福島県のように、市民の安全が第一という姿勢を持ってほしいと願ってます。

投稿: マリオ | 2011年12月 1日 (木) 19時08分

追記します。
12月10日に八戸医療生協の竹本所長が講師の講演会があります。チラシは↓。どうぞ、おいで下さい。
http://sanpachi.mizubasyou.com/12.10.jpg

投稿: マリオ | 2011年12月 1日 (木) 19時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188576/53315618

この記事へのトラックバック一覧です: 清武氏の閑話球題:

« 野田村・青空市に参加 | トップページ | 勝手にPR-パズル・四色方陣 »