« デーリー東北二度目の災害紙面 | トップページ | 震災救援の6・9-八戸原水爆禁止の会 »

電波時計が正常に機能していた!

実は正常に機能していたので、見出しを変更しました。追記をご覧ください。

なんということだ、電波時計が正常に機能していないという。
たしか誤差は「10万年に1秒」のはずなのに、これからは安いクォーツ時計並みの精度になるので、毎日1秒程度は狂うかも知れない。
それにしても、福島原発の影響がこんな所にも現れるとは…。
http://jjy.nict.go.jp/

昨年、一昨年の核燃・原発シンポジウム、学習会は、二回とも地震関連の事柄がメインだったが、そのときの話・危惧ががこんなに早く、しかも東北で現実化するとは考えもしなかった(東海地震・浜岡原発で起こる確率が高いのだろうと思っていた)。 ここまで3/16

追記4/8 時計が狂っていないことに気がついたので時計を操作して受信確認したら、受信を意味するGETを指した。佐賀のはがね山標準電波送信所からの電波を受信していることになる。
50kWで送信していると言うから時計のアンテナ感度がいいのだろう。すなおにすごいと思う。

|

« デーリー東北二度目の災害紙面 | トップページ | 震災救援の6・9-八戸原水爆禁止の会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188576/51139512

この記事へのトラックバック一覧です: 電波時計が正常に機能していた!:

« デーリー東北二度目の災害紙面 | トップページ | 震災救援の6・9-八戸原水爆禁止の会 »