« 片付けが苦手 | トップページ | ディーセントワークデー行動 »

うだでⅡ

「うだで」の検索でヒットしていることもあるようなので、続編です。

古典の授業で「うたて・し」という言葉を習いましたね。「嘆かわしい、情けない、心が痛む思いである」(大辞泉)とありますから、「うだで」と同じ意味です。
http://dialect.riok.net/pageF11.html では古語をもとにした方言として紹介されています。

ものすごいという意味の使い方はこちら。トヨタパッソのCMだそうです。
「わのかでパン、しけるめに鍋さフォンデュせばうだでぐめよん(私の固いパン、湿気る前に鍋でフォンデュすればとても美味しいわよ)」
前にも書いたのですが、「ものすごく」という意味で使うときは「うだでぐ○○○」という風に使うと思うのです。○○○には「め(うまい)」、「さび(寒い)」等の語句が入ります。

うだでからは離れますが、青森県警は、調書を正確に作成するために話したとおりに記述することにしたそうです。検察官や裁判官には本当に通訳が必要ですね。 Webでみつけた「津軽弁の調書」という作品-だと思います。

犯人 「ジェンコダセ!ドゴサ・アンズヤ?」
被害者 「マイネ!マイネ!スカフェラィネ!」
犯人 「オンメ・シャンベネバ・ウンデ・モイデ・マルドー!」
被害者 「ナモ・ジェンコ・ダッキャ・ネーォン!」
犯人 「ナンボ・ジョッパリ・ダバ!」

アンズヤ(アルンズヤ)-あるのか?
スカフェル(シカヘル)-知らせる
マル-してしまう
ネォン-ない
ジェンコ、マイネ、ジョッパリはご存じですね。

|

« 片付けが苦手 | トップページ | ディーセントワークデー行動 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188576/50332537

この記事へのトラックバック一覧です: うだでⅡ:

« 片付けが苦手 | トップページ | ディーセントワークデー行動 »