« 戻す会ニュース24号 | トップページ | 私とPC② »

私とPC①

私が初めて操作したPCはOSがwindows3.1、windowsを終了し、MS-DOS画面になってから電源を切ることをくどいくらいに教えられました。
当時は個人用には日立のワープロ専用機を使っていて、パソコンは印字がきたないからダメだと思っていましたが、若い先生がロータスのいくつものシートを操り、マクロも使って仕事をしているのを見て、目の前にあるひとつのシートでしか作業できないワープロは時代遅れになると感じました。

個人用のノートPCを購入したのはWindows95、HD容量が4.3GBで、購入したソフトやフォントをどんどんインストールしたら空き容量がなくなり、どうしようもなくて、たしか再インストールしたような気がします。このPCは一太郎とロータス(Lotus 1-2-3)が入っていました(私の選択)。

Win98→2000とバージョンアップ、あるときコーヒーをキーボードにこぼし、それが裏からもしたたり落ちました。そのとき、焦ってスイッチを入れ直し、無残な結果になったのです(今だったら、電源を入れずに乾燥させ、一週間は我慢します)。データ(パスワードロックのHDに保存)を救いたいと思い、パスワードをはずしたいと富士通に相談したら、修理作業になるので十数万円はかかると言われました。あきらめ気分で乾燥を待っていたら、、なんと一箇月後にエラーを吐きながらも起動したので即刻データを回収しました。

その頃職場では私物のMeを使っていました。同僚にすすめられてEpsonDirectから購入、今から10年前、2000年の購入です。連れ合いにやりましたが、WinXPに変えて今も動いています。

|

« 戻す会ニュース24号 | トップページ | 私とPC② »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188576/50443165

この記事へのトラックバック一覧です: 私とPC①:

« 戻す会ニュース24号 | トップページ | 私とPC② »