« 10/30国連軍縮週間に呼応した行動を | トップページ | DVD九条の会講演会 »

沖縄平和ツアー2・詳細

 10月8日、基地のない平和な沖縄をめざす八戸の会(八戸沖縄の会)は、伊波洋一宜野湾市長と稲嶺進名護市長を訪問、普天間基地の無条件撤去と名護市・辺野古への基地建設を許さない両市長に敬意を表し、八戸沖縄の会として、連帯の思いを伝えました。

 伊波洋一宜野湾市長とは、11月の沖縄県知事選の準備もすすめている忙しい中での懇談となりました。市長は、普天間飛行場を国外に撤去させることは沖縄と日本の米軍基地問題を大きく解決することにつながるという確信を熱意を込めて語りました。八戸沖縄の会代表の笹垣茂美さんは、謝辞と共に、「今度お会いするときは別の場所(県庁)になると思う」と、近づく県知事選での必勝を期待し、連帯してたたかう決意を表明しました。
P1020144a

 稲嶺進名護市長は「突然有名人になったようで、戸惑っている」と、ユーモアをまじえた穏やかな語り口で、住民の暮らしと平和を守る市政を語りました。名護市基地対策室職員の説明も分かりやすく、「基地の問題」に市民を守る立場で取り組んでいる様子が現れていたと思います。
P1020170a

夜は地元のみなさんとの交流で、名護市議の具志堅トオルさん、ヘリ基地反対協の大西さんが参加しました。具志堅さんは70歳とは思えない若々しさで、名護のこと、ご自分のことを語ってくださいました。大西さんは、長期に渡ってテント小屋でがんばっている信念を真剣に語ってくださいました。「県知事選では、支援するという立場でなく、(全国のみなさんが)自分たちの問題としてとらえ、たたかってほしい」という言葉が印象に残りました。

追記 10/30の報告会で、宿泊したホテルへの不満が出されました。沖縄の会として、現地に伝えるそうです。

|

« 10/30国連軍縮週間に呼応した行動を | トップページ | DVD九条の会講演会 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188576/49845323

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄平和ツアー2・詳細:

« 10/30国連軍縮週間に呼応した行動を | トップページ | DVD九条の会講演会 »