« 八戸医療生協健康まつりで | トップページ | 地労連ニュース№113 »

国勢調査で自宅の課税面積が…

国勢調査がきっかけで、わが家の課税面積が3㎡ほど減りました。
中古で購入した住宅ですが、私たちが購入する前に増築と改築が連続して行われているのですが、市役所が「調査」した際に、改築で撤去した(増築)部分もカウントしてしまったのだそうです。保存されている図面と現在の航空写真を比べてみて見当がついたと言ってました(これもすごい)。さらに、出窓・本棚の出っ張りの寸法も間違えています。どんな「調査」だったのでしょうか。
この違いは購入時の書類に、登記面積と評価面積の違いとして記述されていたのですが、当時は気がつきませんでした。今回の国勢調査で、連れ合いが資産税の通知、私が登記簿を見たために違いに気付き、資産税課に問い合わせてこのことが分かりました。
で、5年分の払いすぎ分(取られすぎ!)が返されるそうです。1年分が数百円だそうですから、あまり期待しませんけど。

|

« 八戸医療生協健康まつりで | トップページ | 地労連ニュース№113 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188576/49639304

この記事へのトラックバック一覧です: 国勢調査で自宅の課税面積が…:

« 八戸医療生協健康まつりで | トップページ | 地労連ニュース№113 »