« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

NPT再検討会議NY行動の報告と世界大会学習会-7月13日に

Page001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

県境産廃不法投棄の現場

誘われて岩手県母親大会の「産廃の不法投棄の現場から」分科会に参加しました。
バスの中で、岩手県の産業廃棄物不法投棄緊急対策室再生・整備課長の玉懸さんの説明がありました。事案の推移、予定通りに進行している対策の進捗状況、青森県側と岩手県側の投棄の仕方の違い(岩手県からは許可を受けておらず、ばれないようにすぐ埋めたので、スポットの投棄。青森県側は広く野積み)などの説明を受けました。
現地からは青森県側もよく見え、かなり深く掘られていることが分かりました。
質疑の中で、どうしてこれほど大量の不法投棄が何年も見逃されたのかという疑問が出されたので、住民の情報や内部告発があったのにもかかわらずきちんと対応しなかった青森県(許可を出した)に大きな責任があると思う、と発言してきました(不法投棄が行われることを知りつつ処理を依頼した発注企業の無責任さも問わなければと追加の発言を考えていたら、分科会担当者の畠中二戸市議が説明しました)。
Photo
全体会には出ないで、田子の産廃が運び込まれている三戸町・大舌の産廃最終処分場を見てきました。不法投棄の現場と同じようなにおいがあるのが気がかりです。
Photo_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

美女撫子

ナデシコの英語名がpinkと覚えたので庭に咲く↓の花が撫子だとはとても思えなかった。しかも「美女撫子」という名…。P1010545a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教育なんでも懇談会

7月10日に予定されている教育なんでも懇談会チラシをアップします。
今回のテーマは私学の入学金、話題提供は青森山田高校の奥村先生です。
Page001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

郵産労キャラバンに参加

郵政働く労働者の組合・郵産労は、非正規社員の正社員化と均等待遇を求めて全国キャラバンを展開中です。
6月18日7時半、八戸郵便局前で出勤してくる労働者に、マイクによるアピールとチラシの配布を行いました。行動参加者は、郵産労中央執行委員長・山崎清氏と東北地本役員2名、八戸支部3名(1名は東北地本役員)と地労連から一人の7人でした。
郵産労の取り組みが共産党国会議員の国会質問→亀井答弁とうまくつながり、正社員化の手続き(試験)が始められています。そうした組合の取り組みを説明し、職場を変えるために一緒にがんばろうと訴えました。
その後、八戸西郵便局前でもマイク宣伝を行いました。終わったところに、「住民から苦情があったので」と、警察官が来て道路使用許可証の提示を求めました。それほどの大音量ではなかったので奇異に感じましたが、許可証をみせたら引き上げました。
十和田→三沢→百石とまわり、最後にもう一度八戸郵便局に戻って、正社員化と均等待遇を求める要請書を提出しました。

郵産労は小さな組合ですが、「がんばっているな」と感じました。県教組の宣伝カーと地労連のハンドマイクが役に立ちました。
Dsc02378a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとだけ親孝行

父は85歳、母は82歳になる。
部屋のテレビがブラウン管なので、22インチの地デジをプレゼントし設置してきた。
音が良く、画面がとてもきれいだと喜んでいた。
もしかしたら、初めての親孝行だったのかも知れない。

幸い、二人とも年相応に元気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平和行進6/11,12

6/11は市庁前を出発し、まず司法センターまで歩きました。その後、南部町、三戸町、田子町と行進しました。田子町では初めての平和行進でした。南部町では町長と三戸町では副町長と懇談しました。

6/12は、五戸、新郷、三戸、金田一温泉駅前と行進、駅前広場で岩手県に引き継ぎました。気温が上がり、新郷では木陰で一休みしました。
Photo
Photo_2

P1010527a 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平和行進に取組中

6月10日から平和行進に取り組んでいます。
10日は市内行進と全国通し行進者の7歓迎交流会を行いました。
A
A_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昌益坂

長者まつりんぐ広場から年金者組合三八支部に歩いて向かう道に昌益坂という名がついた。
安藤昌益資料館を育てる会が命名したもので、案内板が立てられている。
町医者として八戸で14年間を暮らした安藤昌益は、この坂道を何度も往来し、坂道に近い天聖寺山寺霊園内の飢饉で亡くなった人の供養塔に手を合わせ、平等社会の実現や自然との共生といった思想を深め、著書「自然真営道」につながる思想を練り上げたとされている。
A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オルセー美術展2010「ポスト印象派」

東京の三日目は、国立新美術館で、オルセー美術展2010「ポスト印象派」を見ました。
モネやセザンヌ、ゴッホ、ゴーギャンなど115点の作品が展示されていました。実物を見るのはすべて初めて、ともかく圧倒されました。ゴッホの自画像がとりわけ印象的でした。

下記ページからの引用ですが、「これらの絵画がまとめてフランスを離れることは2度とない」(フランス大統領)とのこと。モネ《ロンドン国会議事堂、霧の中に差す陽光》、セザンヌ《台所のテーブル(篭のある静物)》、ゴッホの《自画像》、ルソーの《蛇使いの女》をはじめ、オルセー美術館から初来日する作品は約60点だそうです。

大人の休日倶楽部の会員パスがまもなく使えるので、もう一度見に行ってもいいくらいの感動がありました。
8月16日まで開催していて、火曜日が休館日です。下記ページに、かなりの情報があります。
http://orsay.exhn.jp/highlight.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

県境産廃問題をテーマに例会…科学者会議

会議のために私は参加できませんが、科学者会議八戸分会の例会をお知らせします。
6月15日(火)午後6時半から、公民館会議室で行われ、テーマは「青森・岩手県境産廃と環境問題」、話題提供は水越直一郎氏「どうなっている!その後の県境産廃不法投棄事件」。
資料代として300円が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武-巨人戦を観戦しました。

5月29日の西武-巨人戦を観戦してきました。別の記事で書きましたが、東京で娘の結婚式があったので、前日に西武ドームに行ったのです。
巨人先発は東野で今年はずいぶんがんばっていますが、西武のピッチャーが帆足なので、せっかくジャイアンツの試合を見に行くのにボロ負けでもしたら…と、少しだけ心配でした。
しかし、そんな心配はまったく無用でした。亀井の二塁打→坂本の二塁打でわりあいスムーズに得点しました。そして目の前で、ラミレスがホームランを打ち、一巡後には阿部もホームラン、そして、余韻が残っているうちに出た長野のホームラン-これは客席が落ち着く前だったので、歓声があがってようやく気がつきました。
東野は6回までノーヒットノーランでした。交代したあとで気がついたのですが。
ブルペンで練習する豊田、越智、山口、クルーンの姿も見ました。
外野の方からも見てみようと後ろに回ったら、西武側の大飛球が…、ただ、ライトがフェンス付近まで下がったもののあせらずに捕球態勢に入ったので安心しました。

テレビで見ていると、野球はサッカーに比べて間がありすぎるように感じるのですが、球場で見ていると全体の動きが見えるからか、退屈しませんでした。
写真で、マウンドにいるのは独特の構えの越智。この日は連打を浴びて山口に交代しました。
P1010335a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »