« しだれ桜が満開 | トップページ | 5/9 6・9行動 »

日鉄同盟罷工記念碑の寄贈を祝うつどい

5月9日、日鉄同盟罷工記念碑の八戸市への寄贈を祝うつどいが開催され、市内外からおよそ40人が参加しました。
同盟罷工(ストライキ)は1898年のことですが、100周年を記念した記念事業の一環として、2002年に八戸駅近くの小公園(市有地)に記念碑が建立されました。記念事業の中心となってきた三上秀光さんが転居のために関係資料を市立図書館に寄付、記念碑も市に寄贈することになったものです。三上さんは記念碑の前で、働くものの幸せのために立ち上がった同盟罷工の意義を高く評価し、現代に通じるものがあるとあいさつしました。

5/11追記
記念碑の寄贈は、永続的に管理するために前から市に申し入れていたと言うことでした。
講演会と懇談会には小林眞八戸市長も参加しました。

Photo_2

|

« しだれ桜が満開 | トップページ | 5/9 6・9行動 »

三八地労連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188576/48322091

この記事へのトラックバック一覧です: 日鉄同盟罷工記念碑の寄贈を祝うつどい:

« しだれ桜が満開 | トップページ | 5/9 6・9行動 »