« 守大助さんを支援する会学習会 | トップページ | 最後のNPTに向けた署名行動 »

民事法務協会労組の街頭行動

5月21日 三春屋前で、法務局で働き、法務行政の一翼を担ってきた民事法務協会の7人の女性労働者が、不安定雇用と低賃金に陥っている職場の状況を告発し、改善を求めて街頭行動を行いました。
民事法務協会は、これまでおよそ40年にわたって登記窓口業務(乙号事務)を行ってきたのですが、「規制緩和」による民間参入によって、協会で働く労働者は雇い止めと不本意な退職を強いられ、昨年3月には半数の職員が職場を去る事態になっているのだそうです。今は、新規採用があってもすべて非正規であり、年収200万円に満たない職員が急増しています。一方で、専門知識と経験を必要とする業務が未経験な人たちにゆだねられ、公務・公共サービスの質が低下していく恐れがあります。
この日の行動は民事法務協会労組北日本支部が呼びかけたものですが、組合員だけでなく職場全員が協力し、「雇用と公的事業を守れ」、「乙号事務を市場化テストやダンピングを招く競争入札にしないこと」、「入札制度を改善すること」等を訴えるチラシ入りのポケットティッシュをにこやかに配布していました。
地労連から事務局長が支援参加しました。

|

« 守大助さんを支援する会学習会 | トップページ | 最後のNPTに向けた署名行動 »

三八地労連」カテゴリの記事

コメント

一般の派遣労働者はもっと低賃金で働いています。認識が甘すぎます。

投稿: | 2010年12月20日 (月) 13時38分

>一般の派遣労働者はもっと低賃金で働いています
そのことは承知しています。ワーキングプアと言われる年収200万円以下の労働者が1000万人(民間だけでも)を超えている現状も。
私はそうした状況の労働者をこれ以上増やしてはいけない、減らそうという立場であり、それが労働運動の課題だと認識しています。

投稿: マリオ | 2010年12月20日 (月) 23時42分

変な派遣会社も法務局の仕事なんか
安くてアホらしいってけっぱくればいいだよ

投稿: 公務員は給与がいいか? | 2011年5月26日 (木) 14時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188576/48451253

この記事へのトラックバック一覧です: 民事法務協会労組の街頭行動:

« 守大助さんを支援する会学習会 | トップページ | 最後のNPTに向けた署名行動 »