« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

軽米町の廃棄物最終処分場と環境問題

日本科学者会議八戸分会3月例会のテーマです。
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒブワクチン、肺炎球菌ワクチン助成へ。小中学生の入院医療費も一部無料化

2月18日の記者会見で発表された八戸市の「平成22年度当初予算の概要」で、新規事業として、ヒブワクチンと肺炎球菌ワクチンの接種費用の助成(7月からの実施)と小中学生の入院医療費の一部無料化(10月実施)があげられています。

ヒブワクチンは、インフルエンザ菌b型(Hib=ヒブ)による細菌性髄膜炎を予防するもので、WHOの推奨により、2003年には94カ国で定期接種に組み込まれています。日本では最近認可されたばかりで、任意接種となっており、3~4回の接種で費用が3万円ほどかかります。自治体による助成(八戸市の場合は一回につき2000円の助成)はありがたいのですが、負担が大きいので公的接種を求めていく必要があると思います。
対象は、0~4歳児。
なお、Webで調べたら、小平市や荒川区では1回につき3500円(生保世帯は7000円)の助成を行っています。

肺炎球菌ワクチンは、肺炎を防ぐもので75歳以上を対象に一回限りで2000円の助成となっています(このワクチンは一回の接種で10年程度は有効)。
三八地労連は2009年度自治体要望書で、「肺炎球菌ワクチンの公費負担」を求めました。

小中学生の入院医療費の一部無料化は、所得制限がありますが、入院一日あたりの自己負担額の上限を500円として、超過分を助成するものです。このことは、県社保協として八戸市との懇談を行った際に求めた内容です。
デーリー東北紙によると、市としては県内で初めての取り組みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

確定申告完了

今年もe-Taxでやりました。連れ合いが医療費等の領収書をきちんと保存しているので助かりました。自分の時間が空いているときにできるので本当に楽です。
昨年、住民基本台帳カードを作成、カードリーダーも購入したので費用がかかりましたが、5000円の電子納税控除があったので元が取れている感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年春闘学習会

本日開催のため、トップに置きます。2010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボウリング大会は中止

2月24日に予定していたボウリング大会は参加者が少ないため中止にします。
20周年記念祝賀会があったので例年と違う日程にしたのですが、それが裏目に出ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

署名推進ニュース№2

2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大盛況!いのちの山河上映会

2月14日に公会堂文化ホールで行われた映画「いのちの山河」上映会は、午前は入場できない人が60人近くも出るほどの盛況でした。3回の上映で1300人を超える人が参加しました。
映画「いのちの山河」観る八戸の会の中心となった八戸医療生協は、中学校区ごとにつくられている支部がフル稼働、はちのへ九条の会や新婦人八戸支部なども懸命に取り組んだ成果でした。三八地労連も取り組みましたが、あまり貢献できていません。デーリー東北紙に掲載されたことも効果があり、プレイガイドでの販売も予想以上の枚数になったそうです。
映画に描かれている雪に埋もれた東北の冬の暮らしや貧困は、私たちの体験と重なり、共感するところがたくさんありました。そうした中で「いのちに格差があってはならない」と「生命行政」を住民に依拠してすすめた村長の姿は感動的でした。リーダーとしての村長の姿だけでなく、職員や住民の姿が丁寧に描かれているすばらしい映画だったと思います。
描かれた悲しみ、情熱、そして愛に涙が止まりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春へ-えんぶりの摺り

春をよぶえんぶりが始まりました。時間を間違えていたので、ぎりぎりで撮った一斉摺りの一枚です。
P1070104a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その後のWindows7

使ってみなければ分からないことはあるもので、SonicStageというSonyの音楽管理・再生ソフトもWindows7に対応していないことが分かった(機能してはいたのです…)。Windows7用にはX-アプリという新しいソフトが準備されているので、音楽管理・再生だけなら問題はない。ただ、MD SimpleBurnerというHi-MDにコピーするソフトが対応していないので、困っている。
年金者組合三八支部の結成20周年記念新春のつどいのBGMをMDで作成しようとやってみたら、上記のことが分かった。対応予定は4月ごろとアナウンスされている。

追記3/26 そろそろ4月も近いと思ってSonyのページを見たら、なんと、対応予定が「未定」に変更されている!さっそく、クレームだ。

追記11/1 10月初旬に対応、快調に使えています。

Windows7 Backup Errorというのも体験した。
http://social.technet.microsoft.com/Forums/en-US/w7itproperf/thread/8f00bdd6-de36-47ea-8fb4-df0daa30cf58

そのうち、クリーンインストールしなければ、と思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年金者組合も結成20周年記念新春のつどい

2月4日の年金者組合三八支部結成20周年記念新春のつどいは92人もの参加でした。
記念のつどいで私は来賓としてあいさつしましたが、記念誌に寄せた文章を感情を込めて読みました。
祝賀のつどいでは、詩吟や祝舞、歌謡など盛りだくさんで、プロの歌手が2人も登場たのは驚きでした(2人とも組合員)。会場では組合員作品展示も行われていて、密度の濃い交流ができたと思っています。
1a

A

A_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボウリング大会を開催します。

時期が遅れましたが、ボウリング大会を開催します。
申込は、2月19日までに事務局(47-8886)へ。
Page001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2.20核燃問題学習会

地労連として車一台分の派遣を計画しています。参加希望者は事務局へ。
220

| | コメント (0) | トラックバック (0)

♪いかの街はちのへと♪彼岸じゃらくそして「刹那」

「いかの街はちのへ」という歌がある。♪いか いか いか いか八戸の~というフレーズはスーパーで聴いて知ってはいましたが、先日フルコーラスで聞いてなかなかいい歌だと思いました。
http://www.geocities.jp/ikanomachihachinohe/F2.htm
聞いたのは、1月30日の柾谷伸夫さんの八戸市文化賞受賞を祝う会で、大澤清隆さんが祝演としてこの曲と「海村」、まだCD化されていない「彼岸じゃらく」を熱唱しました。
大澤さんの演奏とボーカルははじめて聞いたのですが、これを聞いただけでも「祝う会」に参加した甲斐があったと感じました(柾谷さんには申し訳ないが…)。
祝う会の参加者は400人を超えていました。柾谷さんの活動領域の広さと人望の厚さを示していたと思います。私は、学生時代の顔見知りというレベルだったので参加をどうするか少し悩みましたが、柾谷さんの受賞を祝う気持ちとこれからも活躍してほしいと願っていたので参加しました。
もうひとつ驚かされたのは、聖ウルスラ学院高校の3年の「刹那」というエレクトーンと和太鼓のユニットの演奏です。ハッスルどライブというイベントで優勝したユニットで、とても高校生とは思えない演奏でした。下記から八戸大会を見ると少しだけ登場します(プロとして演奏できると評価されたユニット)。
http://8365050.jp/m-on_movie

八戸の底力を知らされたような気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »