« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

長内先生を職場に戻す会ニュース

Photo 戻す会ニュース第15号です。

追記 「kojinshomei.pdf」をダウンロード

| | コメント (3) | トラックバック (0)

いのちの山河-もう一度PR

1/28、映画「いのちの山河」を観る八戸の会実行委員会が開催され、チケットの売れ行きや各団体の取り組みを交流した。現在、550枚が売れていて、医療生協の各支部やプレイガイド等で売れている数を考えれば採算点の800枚に近づいてきていると判断している。目標は1000枚なので、新聞やラジオ等も活用しながらいっそう広めていくことを確認した。
実行委員会の最初に観たTV録画は、主演をつとめた長谷川初範さんが出演した徹子の部屋で、氏がこの映画の良さについて熱っぽく語っているのが印象的だった。

上映会は公会堂文化ホールで、2月14日、10:30、14:00、18:00の3回。前売り券は、地労連、三八教育会館、医療生協を含む市内の各生協とプレイガイド。前売り券は大人1000円。

なお、各地の上映予定は http://www.cinema-indies.co.jp/aozora2/schedule.php

| | コメント (0) | トラックバック (0)

核燃問題講演会

2月20日午後1時半から、県教育会館で「六ヶ所再処理工場の現状をどう見るか」というテーマの講演会が予定されている。主催は、立地反対県連絡会議と津軽、上十三、下北、横浜の各連絡会と県労連。
講師は、日本原子力研究開発機構労組の岩井孝委員長(科学者会議)、氏はこれまで、高速炉用の研究開発に従事してきた。
深刻な行き詰まりに直面している六ヶ所再処理工場の本格稼働を止めるために運動を進めている私たちの、力量強化のための学習会になると思う。
地労連からは、車を出したいと考えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「アンダンテ~稲の旋律~」を観たいと思っています

年末に完成試写会が行われた映画「アンダンテ~稲の旋律~」の上映会が、千葉県を中心に始まった。
http://www.ggvp.net/andante/index.php

旭爪あかねさんの原作は、単行本にまとめられたときに一気に読んだ記憶がある。
全編を手紙形式でつづった小説で、対人恐怖の苦しみやひきこもり生活の体験を主人公千華の心の発露として描いている。当時私たち(高教組三八支部)は、KHJあおもり・アップルの会の活動に協力していて、ひきこもりの問題を勉強していたのだが、当事者の心の内をこれほどわかりやすく描いたものはないと感じた。
上映会は、残念ながら関東以西で計画されていて、北海道・東北の予定はまだない。
個人的に、八戸フォーラムに上映の要望(アンケート的な)を提出したが…。

追記 上映予定を見たら、二戸市で2月11日に上映されることが分かりました。県内では、3月に平川市で上映されますが、遠いので二戸に行こうと思います。
http://www.ggvp.net/andante/schedule.php

追記の追記 青森市での会議が入り2/11は見ることができませんでした。今度は3/14に葛巻町 モウモウ館での上映会があります。
連れ合いは実家の人たちを誘って見に行く計画ですが、私はまた予定あり…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20周年記念祝賀会のこと

 三八地労連は1月15日、三八教育会館で結成20周年の記念祝賀会及び2010年旗びらきを開催しました。寒波に積雪と、あいにくの天候でしたが、来賓を含めて65人が参加し、20周年を祝いました。中道博章議長あいさつの後、吹雪のため欠席した県労連からはメッセージが読み上げられました。日本共産党の三八地区委員会の松橋三夫氏は「核燃サイクル施設を止める共闘を地域につくろう」と呼びかけました。
 中屋敷泰一前議長には感謝状が贈呈されました。乾杯の後、来賓紹介、「10年間の歩み」のスライド上映と続き、その後、文化行事として八戸ジャズカルテットの演奏が行われました。のりのいい演奏に拍手喝采でした。
 参加した組合の紹介と発言、旗びらきの抽選に当たった人の発言がなかなかユニークで会場を沸かせました。私教連代表が、在学中はやんちゃだった教え子が一緒の会場にいることに感動していると発言し、職場で労働者を守り勇気づける労組の大切さを語ったあいさつはとても印象的でした。最後に、中道議長の音頭で団結がんばろうを唱和、運動の推進・発展を誓い合って散会しました。
 なお三八地労連は、10周年以降の活動の特徴と年表をまとめた結成20周年記念誌「明日へ吹く風Ⅱ」を発行し、この日参加者に配布しました。10年間の活動には、東北本線を守る活動や国立病院の結核病棟閉鎖反対の闘い、有事立法阻止、憲法改悪反対、リストラ「構造改革」反対、核兵器廃絶の運動など、地域で地労連がすすめてきた様々な活動が記述されていて資料としても役立ちそうです(自画自賛)。

20a

20hjqa

20a_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンブラー

新聞にも載っていましたが、ガンブラーというウィルスが流行していますね。
対処は↓のページで読みましたが。
http://ptsnet.cocolog-nifty.com/pcsupport/2009/12/securitytool.html
http://ptsnet.cocolog-nifty.com/pcsupport/2010/01/securitytool-8b.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

増悪と寛解

最近、皮膚が荒れてきてかゆい。
前から足首の荒れがあったのだが、腕にも発生したので病院を予約してきた。
Webの説明や画像を調べて、アトピー性皮膚炎ではないかと自分で診断している。
Webの記述で、アトピー性皮膚炎は「増悪・寛解」を繰り返すという説明を読んだ。実際は、「憎悪(ぞうお)と寛解」と読んだ。症状が悪化することを憎悪というのは初耳だが医学用語かなと思って調べたら「増悪と寛解」だったという次第。寛解は読んだことがあるが、増悪(ぞうあく)は初めて読んだ。

アレルギー症状なので花粉症(?)の仲間のような記述もあり、恐れている。そう言えば、花粉症の時期に目が痛くなることもある。嫌だなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒風のもとで新春宣伝と6・9行動

1月9日、三春屋前で新春宣伝として全労連のティッシュ配りを行いました。事務局と八医労からの2人だけでやってたら6・9の参加者が増えたので3人で実施しました。
200個ほど配った後で6・9行動に切り替えました。偶然通りかかったという恒例のKさんも参加したので4人となりました。
寒いせいか、署名をすすめる人が少ないためか、署名の集まりは良くありませんでした。残念。
2月の6・9行動は、2月6日(土)が三春屋前で14時~15時、9日(火)はコープあおもりで13時~14時30分の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月6日の6・9行動

コープあおもりるいけ店風除室で行いました。5人26筆でした。
横断幕が目立っていました。

1/11写真変更
Cimg5512a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

windows7その後の後・付記あり

ScanSnapS300が動作しないことに気がつきました。
FUJITSUのページの対応策を試したのですが、解決できていません。連れ合いにやったwinXPでは動くのでwin7へのアップグレードが原因だと思います。
メールでサポートに問い合わせています。早めに解決できれば…。

1/8追記 解決しました。
WindosVirtualPCのwindowsXPモードを試してみました。CPUが対応していないので使えませんでした。
MicrosoftVirtualPCをダウンロードしてみましたが、windows7に対応していないのでブロックされました(vistaからアップグレードした時にはぎこちなく動いていたのですが)。
FUJITSUのページの通りもう一度試してみてもだめだったのですが、もしやと思ってプログラムアイコンを右クリック→「管理者として実行」で動作しました。FUJITSUのページにはこんなことは書いていませんでした(恨み節)。

1/9追記 さらに…
vistaでは問題が生じなかったのですが…。↓で最終解決しました。
サクッとおいしいVistaチップス 2枚め:アプリケーションを管理者として実行するhttp://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0704/05/news004.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

署名推進ニュース№1

Suisin1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/4に仕事始め

正月は子どもたちが帰省しなかったので、ゆったり過ごしました。
地労連のネガを整理(16年分)したり、20周年記念集会で上映する予定のPPTファイルを作成したりしていました。
三八地労連の事務所は1/4午後1時からあけることにします。
一応、4時くらいまではいるつもりですが、外まわりの仕事や自宅でPCに向かっていることもありますので、不在の場合は留守電に用件を残して下さい。留守電を残すと事務局長の携帯に送信されますので、用件を聞いて対応します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年

2010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »