« 8/6ヒロシマの日行動(確定) | トップページ | 冷害の恐れ »

高裁でたたかうこどに決めました…東奥学園・長内先生の談話

7月12日に裁判結果について、不当解雇撤回闘争支援共闘会議蒔苗事務局長の声明を掲載しましたが、長内先生の談話を掲載し忘れました。遅くなりましたが、紹介します。

この1年、多くの方々に支えられ、必ず職場に戻るという決意でがんばってきました。裁判での証人尋問では、理事会の契約更新手続きの不備や、原告の期待権・仕事内容が専任教師と遜色ないことなどが争点となっていただけに、敗訴の理由に納得することができません。これまで私の言ってきたことに嘘はありません。しかし裁判官は、私が処分後も態度を改めなかったという被告の主張を信じた…悔しい気持ちでいっぱいです。上告するにあたっては迷いましたが、支援共闘会議での励ましを受け決意しました。学校の民主化闘争も同時にすすめながらやっていかなくてはなりません。引き続きご支援をよろしくお願いします。(長内)

注 高裁への上訴は控訴

|

« 8/6ヒロシマの日行動(確定) | トップページ | 冷害の恐れ »

三八地労連」カテゴリの記事

コメント

いつもお疲れですgoodsign03

頑張れしか言えないケド、みんな先生を応援しているので、頑張って下さいsign03
正義は必ず勝つupupgoodsign03

投稿: 大坂府つぐみ市 | 2009年8月10日 (月) 14時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188576/45793237

この記事へのトラックバック一覧です: 高裁でたたかうこどに決めました…東奥学園・長内先生の談話:

« 8/6ヒロシマの日行動(確定) | トップページ | 冷害の恐れ »