« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

冷害の恐れ

今日はある程度暑かったものの、稲の生育には不足なようです。低温のために花粉が成熟しない恐れがあるとのこと。米作農家にとっては、米価の低迷(暴落)とあいまってダブルパンチとなる恐れがあります。
梅雨明けを、と願っています。
そう言えば、わが家のスグリも不作でした。とてもおいしかったのですが、ジャムにするほどの実はありませんでした。
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高裁でたたかうこどに決めました…東奥学園・長内先生の談話

7月12日に裁判結果について、不当解雇撤回闘争支援共闘会議蒔苗事務局長の声明を掲載しましたが、長内先生の談話を掲載し忘れました。遅くなりましたが、紹介します。

この1年、多くの方々に支えられ、必ず職場に戻るという決意でがんばってきました。裁判での証人尋問では、理事会の契約更新手続きの不備や、原告の期待権・仕事内容が専任教師と遜色ないことなどが争点となっていただけに、敗訴の理由に納得することができません。これまで私の言ってきたことに嘘はありません。しかし裁判官は、私が処分後も態度を改めなかったという被告の主張を信じた…悔しい気持ちでいっぱいです。上告するにあたっては迷いましたが、支援共闘会議での励ましを受け決意しました。学校の民主化闘争も同時にすすめながらやっていかなくてはなりません。引き続きご支援をよろしくお願いします。(長内)

注 高裁への上訴は控訴

| | コメント (1) | トラックバック (0)

8/6ヒロシマの日行動(確定)

8月の6・9行動は、いつもの三春屋前の行動に加えて、コープあおもりと湊日曜朝市での行動を予定しています。8/9の湊日曜朝市の方はまだ確定していませんが、8/6ヒロシマの日行動が確定したのでお知らせします。
 15:00~16:30 コープあおもりの風除室を借用します。雨天決行です。
 17:30~18:30三春屋前です。

なお、8/9は湊日曜朝市・6:30~8:00の計画ですが確定していません。
13:30~14:30は新婦人(単独)が三春屋前で行動します。こちらは確定、支援歓迎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨明けは、いつ?

西日本の大雨は大変ですが、こちらも雨の日が続いています。
天気予報を見ると梅雨明けは8月に入ってからでしょうか。
いつもだと、八戸の三社大祭、青森・弘前のネブタ(ネブタ)が終わると秋風が吹くのですが、今年はそのころが梅雨明けの様子です。

先日、事務所まで歩いて出かけたらコスモスが風に揺れていました。
2009

| | コメント (1) | トラックバック (0)

釜臥山のレーダー(FPS-5)

7月18日に、「むつレーダー配備に反対する会」主催のレーダー基地調査に参加しました。
レーダーはむつ市内から19㎞の釜臥山山頂に建設中です。山頂のすぐ下まで車であがり、最後は510段を登ると山頂です。山頂には信仰の対象としての碑が立てられていました(上の写真、一瞬の晴れ間に撮影したものです。バックに写っているレーダーの回転台の部分)。
Photo_2
この日はヤマセのためすぐ近くで建設中のレーダーがかすんでいました(下の写真)。今つくっているのは、レーダー本体の回転台のようです。この上に直径18mの巨大なレーダーが搭載されるのでしょう。そして、そのカバーが有名な「ガメラ」の甲羅…。
Photo

| | コメント (1) | トラックバック (1)

「劔岳 点の記」に?

先日、連れ合いの提案で「劔岳 点の記」を見た。評判になっていたので小説を立ち読み・斜め読みして、感動的な物語かも知れないと思っていたのだが、案外の出来だった。
たしかに画像はきれいだが、それだけで、人間ドラマがまるで描かれていないことに不満を感じた。以前「ゲド戦記」を見たときに感じたのと同じで、物語の表面をなでただけでないのかという印象だった。
連れ合いは、劔岳の映像を見ただけで満足すべきだと言うが…。

設立されたばかりの日本山岳会や陸軍陸地測量部の描き方も、ステレオタイプという印象だった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

残念ながら、中止に…吉田拓郎コンサート

7/23、コンサート事務局から中止のアナウンスがありました。
http://www.ty-information.com/

実は、NHKホールでのチケットが今日届いたばかり…。とても、残念です。
完全回復をめざすそうですから、もう一度コンサートをやるかも知れないと期待しつつ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今日の出来事…部分日食

青森市の県教育会館で会議中に「日食が見えてるよ!」という声がしたので、高教組書記局の窓から撮りました。11時18分ごろの写真です。ND8の二枚重ねと薄雲が功を奏したようで、あまり欠けてはいませんが撮ることが出来ました。
その後、雲の晴れ間から見えたので撮ろうとしましたが、明るすぎてだめでした。やはりND8だともう一枚必要だったようです。
帰ってから連れ合いに聞いたら八戸では見えなかったようです。
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日食の観測は無理かも知れない…

7月22日午前の日食を撮影しようとNDフィルターを購入したが、その後で天気予報を見たら曇り…。せっかく購入したのに使用する機会がないかも知れない。もっとも本県での食分は0.6程度なのであまり期待しているわけでもない。
最大の食の時刻は11時12分、青森市で会議中だけどちょっと休憩してのぞいてみよう。

実は、ずいぶん前(30年位前)に一眼レフのNDフィルターを購入したので、デジカメに流用できるかと思って探したのだが見つからず、カメラ屋さんにはND400は置いてなかったので、やむなくND8を2枚購入した。ND64に相当するので食分が最大の時には撮影できるはずだと楽観しているが、問題は、晴れるかどうか…。
晴れると分かればND4も追加購入するのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八幡平

7/5八幡平に行ってきました。山頂の長い散策コースを歩いたら、高山植物が花盛りでした。
桜も咲いていました。ワタスゲの道が印象的でした。
近くの藤七温泉の露天風呂も、野趣あふれるものでした。空も、山も、道を行くバスも見えていて開放感一杯のところでした。

A A_2 A_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東奥学園・長内先生の解雇撤回訴訟の地裁判決についての声明(転載)

県労連新聞から支援共闘会議事務局長の声明を転載します。

このままでは納得することはできない!

     東奥学園・長内先生の不当解雇撤回闘争支援共闘会議
                          事務局長 蒔苗克敏

 6月24日(水)、不当解雇撤回のたたかいをすすめてきた東奥学園長内佑輔先生の裁判に対する判決が言い渡されました。満席の傍聴席のなか、裁判長が読み上げたのは「主文、原告の請求をいずれも棄却する。訴訟費用は原告の負担とする」というわたしたちにとっては愕然とする内容でした。要するに結論からすると、長内先生はこの裁判に敗訴したのです。
 しかし、判決をよく分析してみると、必ずしも長内先生にとって不利な内容だけになっていないことがわかってきました。たとえば、理事会は長内先生には「雇用継続に対する期待利益には合理性がある」と認定しました。つまり、裁判所は長内先生が常勤講師から専任教師に採用されることを期待するのは当然のことであったと認めたわけです。その理由として裁判所はおもに次のような理由をあげています。まず、理事会は臨時教員は「雇用の調整弁である」といった主張を繰り返しおこなってきましたが、これについては消極的ながらも「現に雇用されている臨時教職員を具体的に削減する必要があると示す状況にはないというほかないから、これら臨時教職員の雇用継続への期待の合理性を否定する事情となるものとはいえず…」と漠然と経営がきびしいといっても安易に臨時教職員を雇止にすることはできないことを認めています。また、理事会は長内先生の勤務状況が劣っていたという主張をおこなってきましたが、これについてはほぼこちら側の主張を認めたかたちで、勤務状況は専任教員と何らかわらない状況にあり、雇用継続を期待する事情は多々あったと判断されました。
 では、なぜ長内先生の職場復帰は認められなかったというと、裁判所は長内先生のごく個人的な内容をとらえて理事会が処分した一点のみで、長内先生が理事会とのあいだの信頼関係をそこねたと判断し、請求を棄却したのです。しかも、その判断には多分に裁判長の主観が込められていると考えざるをえません。判決文を読むと「原告は、以後は実家から通勤する旨の顛末書を被告に提出したにも拘わらず、これを無視して、従前どおりの婚約者との同居を継続し、婚約者宅からの通勤していたものと推認せざるを得ない」、「原告は、戒告処分を真蟄に受けとめることなく、~(中略)~婚約者との同居の実態を変える意図なく、安易に上記顛末書を提出したのではないかとの疑いを拭えないところである」などといったあいまいな表現がみられます。準備書面で主張してありますが、この問題については理事会による事実誤認が含まれており、私たちにとってはとうてい納得できる判決とはいえません。
 前述したとおり、-程度の成果をおさめることができた判決ではありますが、わたしたちの最大の目標である長内先生の職場復帰を実現する判決を勝ち取ることはできませんでしたので、高等裁判所へ控訴し再度司法の判断を求めていきたいと考えています。長内先生の職場復帰を実現するたたかいへのさらなるご支援をよろしくお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

大西君の三回忌に

地労連事務局長の大西君が私たちの前を去ってから2年がたつ。
夕方、一人で墓参りし、花とコーヒーを供えてきた。
私は現在、一応後任の事務局長をつとめているが、あらためて彼の仕事の大変さを思う。体調が万全でない中でも、懸命に活動していたのだ。地労連だけでなく、うみねこ合唱団の活動や原水禁運動も、消費税も…。

まもなく20周年を迎える地労連の記録に、彼の足跡をきちんと刻みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

むつレーダー基地調査

先月21日に結成された「むつレーダー配備に反対する会」がむつレーダー基地調査を計画しています。巨大なレーダー施設が今建設中ですが、それを「自分の目と耳で確かめましょう」と会では呼びかけています。
現地集合で、コープむつセンターに10時半集合
八戸からも相乗りで参加したいと思っています。
申込先は、むつレーダー配備に反対する会(☎017-729-1145県平和委員会)

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の6・9行動

6人で実施し、36筆でした。
月曜日だからなのか、人通りがまるでありません。「ご通行中のみなさん」と呼びかけても…という雰囲気でした。
高校生の署名・募金が感激でした。
次は7月9日、17時30分、三春屋前です。

そうそう、7月14日の学習会もお忘れなく。
Page001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地労連ニュース107号

今週は定期大会後の細々として整理・片付けをやっています。
地労連ニュース作成もその一つのようなもの。ただ、調べてみたら前の発行が2002年、ずいぶん途絶えていたのですね。
B4で編集しましたが、A4に縮小プリントしても読めそうです。
送付はもう少し点検してからにします。
ダウンロードして読んでみて、間違いやご意見をお寄せ下さい。なお、一太郎をお持ちでない方は、一太郎ビューア↓を使ってお読み下さい。
http://www3.justsystem.co.jp/download/viewer/ichitaro/

「chirouren_news.jtdc」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナビの意外な機能

方向音痴の私はNV-U2というソニーのナビを使っている。
住所入力や名称検索でかなり正確にルートを指示してくれる。到着予定時刻もかなりおおざっぱだが示すので、遅刻癖のある者にとってはうれしい機能である。
最近重宝しているのは音楽ファイルの再生機能。
2GBのメモリースティックにPCからmp3ファイルをコピーして車で聞いている。前に、吉田拓郎三昧という記事に書いたのもそれで、9時間40分の放送でも1GB強のサイズなので、楽に保存できた。他の曲も追加し、200曲近くに達していると思う。
再生時間は、東京まで往復する位の時間になるが、残念ながら、高速道路ではタイヤの音が大きすぎるので良く聞こえない。
なお、ナビは音楽再生中も機能する(音声による案内はないが)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

種差海岸のニッコウキスゲ

地労連定期大会終了後、写真を撮りたくて蕪島と種差海岸に行きました。
ウミネコとノハナショウブ、ニッコウキスゲをとりました。
Photo

太平洋に沈む夕日をはじめてみました。日本海に面している町で育ったので、日本海に沈む夕日は見ていますが、太平洋に夕日が沈むとは考えたことがありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »