« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

今年のメーデーはまつりんぐ広場で

最近のメーデー集会は市民広場で開催してきましたが、今年市制80周年が開催されるため、長者まつりんぐ広場での開催となります。
下見をしましたが、駐車場が広く、使えそうな集会用の施設もあるので、良さそうな感じです。
近くに民家があるので、音響関係はそのことを考慮する必要がありそうですが。
デモ行進のコースも、会場→cino→三日町→十八日町→十一日町→cino(流れ解散)で申請しますが、距離は例年通りです。問題は連合のデモ行進との調整ですが、今年は私たちがcinoの横で待つことになると思います。
中央メーデーポスターのパクリですが、チラシもつくりました。ご利用下さい。
あとで、両面ともpdfで掲載します。 ←ココログのアップロードファイルサイズの制限により、できなくなりました。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ETCを購入

時流に乗り、ETCを購入しました。
車を購入したところに依頼していたのですが、品物が入らないと言うことだったので、ネットで購入と思ったのですが、助成制度が利用できる店がすぐ近くにあったので、購入を予約し手続きを済ませました。料金は助成を受けるので、取り付け手数料込みで1万円でした。
音声で案内するタイプは売り切れのようで、ピー音で知らせるやつです。
4月始めには取り付けできそうです。

無理して遠くまで走る必要はないとは思いますが、今年は福島の花見山を見に行きたいと思うので、活用できそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オールナイトニッポン40周年記念コンサート

3月19日に青森市文化会館で開催されたオールナイトニッポン40周年記念コンサートに行ってきました。
出演は、稲垣潤一、尾崎亜美、鈴木康博、細坪基佳、山本潤子、渡辺真知子のみなさんでした。稲垣潤一さんは「クリスマスキャロルの頃には」が有名ですね。あまり上手な歌い手ではないと思いました。尾崎亜美さんがうたう「オリビアを聞きながら」は激しくて、こんな歌だったのだとあらためて思いました。渡辺真知子さんはサービス精神旺盛でした。細坪基佳さんはふきのとうだったのですね。「白い冬」がとても良かったです。鈴木康博さんは元オフコースだそうですが、まじめに歌っていました。何と言ってもお目当ては山本潤子さんだったのですが、「卒業写真」と「翼をください」はラジオやCDで聞く声そのままで、感動ものでした。
みんなで歌った「心の旅」もそれぞれ個性的でとてもいい感じでした。
私が深夜放送を聞いていたのは主に高校時代なので、1969年に始まったオールナイトニッポンにはあまり思い入れがないのですが、たまに聞いた中島みゆきの高笑いやエンディングの「杏村から」が記憶に残っています。
RABでの放送は3/28だったのでもう終了しましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まちなか相談会を計画中

年度末で、雇用と生活不安が増している状況に対応するために、まちなか労働・生活相談会の計画がすすめられています。
3月27日、八戸医療生協本部で実行委員会が結成され、4月11日・土曜日の実施に向けて動き出しました。相談のメインは、雇用の問題と生活問題、市庁別館前の市民広場にテントを張って行います。
時間は10時から16時まで。サポーター(ボランティア)を募集しています。
連絡先は三八地労連→☎0178-47-8886

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WBCにはまっていました

今回はWBC中継を見ていた人が多かったようですね。
私も、一次ラウンドから欠かさず見ていました。
試合はそれぞれおもしろかったのですが、感じたのは原監督の采配に迷いが見られなかったことです。私は巨人ファンなのですが、昨年の日本シリーズでは西武に敗れましたが、納得する負け方だったと感じたものです。誰と比べているかというと、北京オリンピックでの星野さん、巨人の監督だった長島さんとです。2人とも、うまく行けば無類の強さを発揮しますが、いったん狂うと取り返しが付かなくなるようなような指揮をしていたと思っています。
それに対して原さんは、意外な作戦を実行したときに、仮に失敗しても納得させるものがある、と感じています。たぶん、選手に対する信頼の違いがあるのではないでしょうか。
岩隈のピッチング、(日本シリーズで活躍した…このときは悔しい思いで見ていましたが)中島のバッティングも印象的でしたね。

韓国の試合(準決勝など)も見たかったのですが、放映されず残念に思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春なのに…

労働相談を受けたことがある若い労働者が亡くなり、葬儀に出席してきました。
亡くなった原因はよく分かりません。決して癒えることはないと思いますが、少し時間がたち、ご両親の悲しみを時が包んでくれるようになったとき、一度ご両親を訪ねてお話しをうかがいたいと思っています。
遺影は高校生らしい、明るい笑顔の写真でした。初めて見たお母さんが亡くなった娘さんとそっくりで、本当に彼女が亡くなったんだと実感しました。

思い出、回想という花言葉を持つ福寿草がわが家の庭に咲きました。
Fukujusou

| | コメント (0) | トラックバック (0)

重税反対の集会と九条の会4周年記念講演会

3月13日は、3.13重税反対全国統一行動八戸地区集会に参加し、開会あいさつを行いました。この行動が開始されたのは1970年、私はまだ大学生でした(もっとも二日後に卒業)。青森市の教育会館で仕事をしていたときは、すぐ向かいに税務署があったので集団申告の様子を見た(集会に参加して)ような気がします。税務署側とのやり取りが結構厳しいものだったと思います。
八戸で行動の全日程に参加したのは初めてです。八戸プラザホテルでの集会の後、歩道をデモ行進(R45の交通量が激しいところであり、危険なので許可が出ないそうです)しました。歩道を歩きながらシュプレヒコールを行うのは珍しいことでした。
税務署集会を行い、要請書を読み上げたあとで集団申告用に準備された受付場所で次々に申告しました。
集会時点での参加者は160人程度だと思いますが、集団申告だけに参加する人もいるので200人くらいの行動になるそうです。会場では年金者組合八戸支部の組合員がそろいの法被で年金署名を訴えていました。税務署集会でも年金者組合としての要請を読み上げるなど、存在感を出していました。

3月14日ははちのへ九条の会4周年記念講演会がありました。こちらは90人程度の参加者でした。冒頭の30分は八戸メンネルコールの合唱が披露されました。男声合唱らしい力強さにあふれるすばらしいものでした(私はMDに録音したので自宅で聞き直してみましたが、CDをつくって配布する価値があると思いました。著作権の問題が発生すると思うのでやりませんが)。
神田健策氏の講演は、ご自分の体験や実践、思いにあふれた憲法についてのお話だったと思います。仕事で出張の際にも、日本国憲法につながる自由民権運動などの史跡などを訪ね、写真に残し紹介していました。ご出身の北空知地域では民衆史掘り起こし運動が30年以上も前から続けられているのだそうですが、井上伝蔵(「草の乱」で取り上げられました)の過去帳写真も紹介され、興味深く見ました。
当日配布された講演のレジュメから相当離れた内容のお話でしたが、たいへん分かりやすかったと好評でした。
講演も神田氏の許可を得て録音しましたが、講演が予定の時間を超えたため、最後の5分は録音できませんでした。音源は提供できますので、三八地労連(☎47-8886)へどうぞ。留守録に残してください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「めんこい」がうつるか?

今まで、めんこいテレビは映りが悪いので番組も気にしていなかったが、みたいと思った山田太一の「ありふれた奇跡」が青森の民放では放送されない(たぶん、半年遅れで放映されると思う)ことから、めんこいの電波を発信している折爪岳に向けて地デジアンテナを追加することにした。
24素子のアンテナとUHF-UHF混合器を購入したが、屋根に上がるにはまだ寒いので、暖かくなってから立てるつもりだ。
テレビへの入力の前に33dBのブースターを入れてあるので、たぶん映ると思うが…(三中校舎が障害物となり、階上岳からの電波がかなり弱く、ブースターを入れないと本県の地デジがきちんと映らない)。
VHFアンテナははずすつもりだが、この冬は大雪の時にブロックノイズが出たのでデジタル放送だけにするのには少し心配もあるが、そういう時はラジオにしようと思う。

33dBのブースターを購入したとき、YES(相互電器だったかな)の店員さんに「30dBと33dBは1割しか違わないのか」と聞き、「倍ですよ」と教えられ、心の中で「理科教師なのに何と初歩的な間違いをしたのか」と感じたことを覚えている。
3dB=0.3Bで、Bは対数なので、ほぼ二倍に相当することになる(log2=0.3010)。
ちなみに、ひけらかすと、20dB→100倍(室内アンテナ付属のブースターレベル)、30dB→1000倍(普通の製品)、33dB→2000倍。

7/3追記
 思い出したので追記します。地デジはうつりませんでした。考えてみたら折爪岳まではずいぶん距離があります。アナログで見ると前よりは良くなったのでアンテナを購入した成果はある、と満足しています。

2010/10/25追記 映りました↓。
http://t-niioka.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-b214.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

年金者組合が支部活動交流集会(東北ブロック)

3/3~3/4、飯坂温泉で開催された年金者組合の東北ブロック支部活動交流集会に参加しました。八戸からは5人、県からは27人の参加でした。福島からは100人ほどの参加で、全体では200名程度の集会でした。
私は初めての参加でしたが、年金者組合の活動を生き甲斐として元気に活動している高齢者がたくさんいることに感動を覚えました。「高齢者の1%の組織化」が目標、「楽しみ七分活動三分」、「年金者組合が終の棲家」などという言葉が飛び交い、これまで年金者組合組合員としての実感がなかった私は様々学ばされました。
要求実現の分科会に参加して、八戸・洗心荘の利用補助が実現したことを報告しましたが、全体会の報告では違う話になっていたので、そのうち訂正しなければと思っています。今年の春闘で年金者組合は3%の引き上げ要求を掲げ、署名等の行動を行っていますが、地域の取り組みや組合員の反応なども率直に話されました。消えた年金問題への対処や年金相談を市の広報に掲載してもらって取り組んでいる経験などの経験も報告され、やること・なすべきことがいろいろあることを感じました。
帰りのバスでは、弘前のKさん(ずっと前に同じ合唱団でした)のリードでうたごえ三昧。退職金で購入したという大量のうたごえ歌集が役に立っていました。
来年の開催地は秋田県です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

街角相談会を検討

生活と健康を守る会事務局長から、「派遣切り等で年度末には雇用と生活が一層厳しくなる恐れがある、街角相談会を検討しませんか」という申し入れがありました。
趣旨にはまったく賛成なのですが、どのような相談体制が作れるのか、会場はどうするのか、持続的な取り組みにするのか等々検討すべきさまざまな事項があるので、3/10に準備会を無開いて検討することにしました。
地労連としての態度は3/24幹事会で決めることになりますが、少しフライング気味に動き出そうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒業式

退職した学校の卒業式に行ってきました。校長が今年退職なので県教育委員の祝辞があり、卒業生の「別れの言葉」が全日制と定時制の二名なので、1時間半はかかったと思います。私は来賓席で居心地があまり良くなかったのですが、目の前には見知った生徒が並んでいたので、懐かしく眺めていました。ある先生が呼名のさいにちょっとだけ間違えて「ごめんなさい」とマイクを通して誤ったので、クラスの生徒がクスリと笑っていました(悪くない雰囲気)。
私はすっかり白髪になってしまった(在職時は染めていました)ので、生徒が少しざわついていました。
式前のBGMがチェロで私のセンスとは違うなと感じました。もちろん、だめ出しのつもりはありません。卒業生入場が音楽なしだったのは少し意外でした。
※ちょっと勘違いがあったかも知れません。卒業生入場の前のBGMがなくて、卒業生入場がチェロだったような気もします。去年までとは違っていたのは確かですが。

卒業祝賀会にも出席しました。ねぎらいの声をかけたかった先生が二人いたのです。祝賀会では、八工音頭を踊り、閉会まで残りました。久しぶりに会う元同僚の名前を忘れていることに愕然としながらも、プラザホテルの味を楽しむことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »