« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009春闘学習会

今年の春闘は、派遣切りなど、未曾有の雇用への攻撃が行われている中での展開になります。地域ユニオンが脚光を浴び、「いまそこにあるユニオン」として、困難に直面している働く仲間を迎え入れています。
今回の学習会は、全労連政策のDVD「いまそこにあるユニオン」上映と中弘南黒地区労連事務局長として、大活躍中の佐藤弘倖造さんの講演です。若い人たちも中高年の人たちも元気になる、そんな学習会をめざしPage001 ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

偕楽園の梅と渋谷駅の「明日の神話」

 大人の休日倶楽部会員パスで、今回は水戸・偕楽園に行きました。梅で有名な偕楽園ですが、今年は開花が早かったそうで、22日には七分咲き。人出もずいぶん多く、広い園内に梅を愛でる人があふれていました。桜の花見と違ってにぎやかな酒食・宴会は目に付きませんでした。
 偕楽園は初めてですが、梅以外にも見所があり、また、すぐ近くの千波湖の散策も楽しめるので、おすすめです。
Kairakuen1

渋谷駅通路に飾られている岡本太郎さんの「明日の神話」も見てきました。ずいぶん大きくて、強烈な印象を与えています。
 自宅に帰ってから、新婦人新聞(2/26)の一面の岡本さんと原水禁運動との関わりや平和への思い、「明日の神話」の復活の記事を読みました。
Photo  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蟹工船上映会に400人を越える参加者

 2月21日、映画「蟹工船」をみる八戸の会が三八教育会館で行った上映会に、400人を超える参加者がありました。最近、蟹工船がベストセラーになったことや若い人たちに読まれていることから、参加者が多いことは予測していましたが、前日の2月20日が原作者の小林多喜二の命日だったので、民放で多喜二のことや蟹工船のことが取り上げられたこと等もあって、予想を上回る参加となりました。
 会場には、昔、蟹工船に乗ったことがある人も来ていて、実行委員長に、きつかった当時のことを語っていました。 戦後だったので、暴力的な支配はなかったものの、たいへんだったそうです。タイムリーな企画に感謝しますという、感想も寄せられました。若い人たちも来ていて、モノクロ画面でやや聞き取りにくい音声でしたが、食い入るように見ていました。映画を見終わって、漫画の蟹工船を購入していった人もいました(小説本は市内の書店では売り切れ状態だそうです)。
 映画では明示されてはいませんが、多喜二があの暗い時代に書いた希望…「彼らは立ち上がった-もう一度!」という言葉の重みと輝きを思いながら、見ました。

追記 2/26に上映実行委員会が開かれ、収益の一部は反貧困ネットワークと生存権裁判を支援する会に寄付することを確認しました。残りは、国民救援会で管理し、冤罪事件に対する支援として支出すること、また、現在制作中の映画(足尾銅山鉱毒事件の田中正造氏を描いたもの)上映に取り組むことが予想されるので、その準備金としての意味も込めて管理すること、詳細は正確な決算が出た段階で決めることにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八戸えんぶり

春の訪れを告げるえんぶりが始まりました。
昨年は長者山の記念撮影会に行きましたが、今年は街中で行われる一斉摺りを見ました。デーリー東北新聞の別冊によると、大人のえんぶり組が33組、子どもえんぶりが8組でした。烏帽子を激しく振って舞う特有の所作が印象的でした。1

2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ああ 冬景色は著作権の問題で削除

「ああ 冬景色」記事の中のURLは二木紘三さんのページで、氏が制作したmp3が流れるものでした。
著作権が気になったので二木さんに問い合わせたところ、JASRACの許諾が必要ではないかとの助言をいただきました。
JASRACのQ&Aを見たら、替え歌の歌詞を掲載するには作詞者の了承が必要、曲についてはリンク先がJASRACの許諾を得ていてもリンクを記載したブログ等もJASRACの許諾が必要という記載がありました。
と言うわけで、記事を削除しました。

二木さんのページにある曲は、すぐれた演奏が多いと思っています。http://duarbo.air-nifty.com/songs/about_this.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デーリー東北の威力…「蟹工船」上映会のこと

先日のデーリー東北・こだま欄に蟹工船についての投書が掲載された。前半は小説の話だが、後半で2/21の上映会を知らせていた。
プレイガイドでは、この記事が掲載されてからチケットの購入がずいぶん多いという。
チケット(上映協力券)は、映画「蟹工船」をみる八戸の会…33-7899(阿部)、46-1431(一山)、三八地労連(47-8886…留守電可)への申込も受け付けます。

ちなみにPhoto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はちのへ九条の会二大企画

はちのへ九条の会二大企画のお知らせです。
2/13(金)は、「憲法九条と田母神論文問題」学習会で、島守光雄常任世話人が講師を務めます。18時30分~20時30分、三八教育会館中ホールでの開催です。
3/14(土)は結成4周年記念講演会で、弘前大学の神田健策教授が「今こそ旬!日本国憲法第9条の価値を考える」と題して講演します。この日は、八戸メンネルコールのみなさんがオープニングゲストとして登場します。13時~16時の日程で、三八教育会館大ホールで開催されます。Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »