« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

全労連が声明-労働者派遣法「改正」案の拙速な決定は止めよ

>政府・厚生労働省と労働政策審議会は、「建議」に対する厳しい批判を受けとめ、日雇い・スポット派遣や登録型派遣の禁止をはじめ、派遣労働を臨時・一時的な業務に限り、雇用破壊の現状を転換する法改正に向けて審議を尽くすべきである

と述べています。
http://www.zenroren.gr.jp/jp/opinion/2008/opinion081024_01.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講演会「ミサイル防衛と釜臥山レーダー基地」に70人!

10/25、むつ市・下北文化会館で開催された講演会「ミサイル防衛と釜臥山レーダー基地」に70人もの参加者がありました。参加者の多さ、多彩な顔ぶれにびっくりしました。
講師の東奥日報編集委員・斉藤光政氏は、青森県では、釜臥山に建設中の新型レーダーFPS-5(通称ガメラレーダー)、つがる市・車力基地で稼働が開始されたXバンドレーダー、迎撃ミサイル・パトリオット、そして三沢基地のJTAGSが、米軍のミサイル防衛のモデルケースとして構築されていて、「米軍再編」のトップランナーの位置にあることを具体的に語ってくださいました。講演会には、斉藤氏と親しい朝日新聞記者や名古屋学院大の先生も参加、発言や補足説明をしていただきました。
斉藤氏は最近、新人物往来社から「在日米軍最前線」という本(2008年9月10日)を発行しておられますが、その内容をふまえた釜臥山の新型レーダーのお話は、県民や国民の意思と関わりなく進められているミサイル防衛構想の危険性を教えるものです。
講演会を主催したむつ市平和委員会は、26日は釜臥山フィールドワークを企画しています。私は用事があるため講演会だけの参加でした。

1025

下北文化会館から釜臥山のシルエット(山頂)を狙ってみました↓。

Photo

| | コメント (4)

まもなく、あおもり教育のつどい2008

前に紹介した「あおもり教育のつどい2008」が一週間後に迫った。
現地実行委員会は、今までは準備作業が中心だったが、残る期間で参加者の拡大にも力を入れなければならない。
とは言っても、あくまでも現職の教職員の奮闘が望まれる。
チラシ・日程等を紹介します。

Photo

Photo_2

アクセスは↓
Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「解かれた核の封印」

10月25日のむつ市平和学習会に参加しようと考えている。青森県平和委員会ニュースを見ていたらJTAGS(ジェイタグス)の衛星アンテナの写真があったので、少しネットを検索してみたら、昨年三沢のTalk&Walk学習会で衝撃を受けた東奥日報・斎藤光政記者(現在は編集委員)の標記記事がある。
http://www.toonippo.co.jp/rensai/ren2000/misawa/index.html

すでに同時代社から出版されていることもあり、読んだ人も多いかも知れないが、まだの人はぜひ読んでほしい内容である。何よりも丹念な、執念深いとも思える取材姿勢に驚く。二年の調査の後、「三沢は核攻撃基地だった」ことを調査の結論として報道したのである。
三沢基地は、私たちが住む土地から30㎞足らずの所に位置している。そこが核攻撃基地だったということは、前から言われていたことだが、その証拠を示されるとあらためて恐怖を覚える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉を訪ねて

ちょっと優雅に紅葉を訪ねるドライブを楽しみました。
蔦沼は、真っ盛りのようでしたが色づきはあまり良くない感じです。
城ヶ倉渓流は、車窓から眺めました。降りるほどではありませんでした。
お目当ては、黒石市のもみじ山で、ここは残念ながらまだ早いようでした。黒石焼きそばを購入したところで聞いたら、「週末が見ごろかも…」と。紅葉と黄葉と大杉があり、山を上り下りしながら楽しむことができました。苦労してのぼった上の方にはモミジの木がずいぶんたくさんありましたが、まだ緑でした。
なお、黒石焼きそばは焼きうどんと同じ味でした。
2008

Photo

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年金者一揆

10/16、全国で一斉に年金者が中心となって行動した「年金者一揆」。青森県では、青い森公園で開催され、県内各地から250人が参加した。「消えた年金」や無年金社者を生んでいる自公政権への糾弾と消費税によらない最低保障年金制度(誰でも8万円の所得保障)実現を求めるパワフルな集会となった。開会前にうたごえを指揮していたTさん(元東京海上火災)の声が舞えと変わらずすてきだった、髪は白くなったけど。
八戸からは相乗りと現地参加(一人)の15人が参加した。
デモ行進終了後の交流会では、元高教組組合員を中心に、ずいぶん懐かしいメンバーに出会うことができた。退職後もがんばっている姿を見ることができてうれしく思った。
Photo

三八支部
Photo_2

Photo_3

帰路・八甲田安らぎの駐車帯で。
Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地域の声を聞こうとはしない

県議会文教公安常任委員会で、八戸南高校の統廃合に反対する請願署名が不採択となった。下記ページ参照。地元の議員も、この請願に賛成していない(請願提出の時点で、紹介議員になることを断っている)。
統廃合計画に納得していない生徒や卒業生、地元住民の声、県民の声に耳を傾けようとしない姿勢は理解できない(彼らは、県教委の説明に納得し、計画に賛成することを決めているのだ。地域の声は全然く聞いていない!)。
ただし、闘いはまだまだ続く。http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2008//20081007194228.asp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年金からの天引き批判の声は強い

10/15、年金支給の日に三春屋前で後期高齢者医療制度の廃止を求める署名・街宣を行いました。三八社保協と年金者組合三八支部の共同で、7人が参加、71筆の署名が集まりました。
出だしでワイヤレスマイクのチャンネルが変更されていたためなかなか音が出ず、実質45分くらいの行動でしたから、署名の集まりはかなり良かったと思います。
なかでも、天引きへの批判は強烈でした。これは74歳以下の国保の人が今月から天引きされるようになったのですが、そうでなくても少ない年金から天引きする社保庁は許せない!と文句を言う人がたくさん。今更ながら、市民の怒りの強さを実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋のレク

10月12日、三連休の真ん中に地労連レクが行われました。この日は、風が少し強かったものの晴天で、行楽日和でした。
参加者は18人。子ども・家族で参加した方もいて、結構にぎやかで、楽しいイベントになりました。名久井岳登山は、40分程度の行程で時間的にはそれほどではなかったものの、傾斜がきつく、運動不足のみには少々こたえました。
頂上からは、南部町・三戸町、八戸市はもちろん、十和田市、三沢市・六ヶ所村まで見えていました。山脈は、八甲田山、岩手山、七時雨山、早池峰山、釜臥山などを臨むことができました。
Photo
下山後は、チェリリン村の山賊道場で焼き肉。天気が良かったので、ベンチを出して、道場のわきでどんどん焼き、食べました。運動した後の、しかも青空の下での食事でしたので、食べ過ぎ、飲み過ぎた人もいたようです。
なお、山賊道場は初めて借りましたが、1時間400円で、板の間があり(座布団もありました)、土間では調理も炊事もできるので、晴れても雨の日でも楽しく過ごせ、おすすめだと感じました。
A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やりきれない事件

10/9のデーリー東北に自殺した高校生の記事が掲載されていた。
http://www.daily-tohoku.co.jp/news/2008/10/09/new0810090801.htm

なぜ、死に急ぐのか。
若者を取り巻く状況が、そんなにも殺伐としているのだろうか。ついこの前まで学校で働いていたものとして、そうは思いたくないし、思えない。
部活のことや顧問の言動が伝聞として記述されているが、一方的な言い分ではないのだろうか。また、生徒の心のケアが必要だと思うが、記事はそのことに触れていなかった。
しかし、やりきれないこのような事件を繰り返さないために、学校や教職員ができること、父母・保護者ができることは何だろう。真剣に考えてみなければならないと思う。

なお、記事の中に、「特定の部活に入ることが後期試験合格の条件」という発言が紹介されているが、これは事実ではないと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カキモトの破産

 職場(現職の時の)に隣接したところにカキモトがGSを開店、類家地区のガソリンの価格競争を激化させてきた。一年ほど前だと思うが、開店特価として1リットル100円で販売し、車が列をなしていたこともあった。同僚のS先生も並んだが、ほとんど満タン状態だったので数リットルしか入らなかったというエピソードもあった。
 私はプリペイド会員になり、破産の直前にも給油し、カードに残金が残っている。プリペイドカードは保証金を積んでいるのでいくらか返金されるらしいが、灯油券は無価値になるかも知れない。たいへん深刻な話だ。
 経営者の責任を問いたいが、おそら経済的なく対処はできないだろう。
 こんな時、何らかの救済策がないものだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとだけ紹介…存続させる会・中村さんの発言

お知らせです。
新聞の切り抜きで紹介した、八戸南高を存続させる会・中村忠次郎さんの「高学費・高校つぶし・教育格差告発フォーラム」での発言が、日高教HPで紹介されています。
http://www.nikkokyo.org/news/2008/09/post-26.php#more

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八医労定期大会に参加しました。

10/1、デイケアセンターで開催された八戸医療生協労組定期大会に参加しました。地労連事務局長として招かれたので少し気負ったあいさつをしてしまいました。
仕事が終わった直後の集会なのでしたが、20人の組合員が参加していました。
今回の大会で、三役がすべて交代することになりました。
民医連加盟の職場として、法人への対応のやりにくさもあり、労組組合員の賃金・労働条件改善をめざす活動をどう発展させていくか、試行錯誤している様です。
チョコレートや飲み物が出、参加者は女性が多くて、いつもの労組大会とは違う雰囲気を感じました。
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八南高統廃合反対署名を提出

存続させる会が10/1、統廃合反対の請願署名を県議会議長および知事に対して提出しました。三八地労連加盟の組織にも、協力をいただきました。
デーリー東北で報じられています。

http://www.daily-tohoku.co.jp/tiiki_tokuho/koukou/ao_news/news2008/kou_ao081002a.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »