« 高教組三八支部が納涼会 | トップページ | 今月のNHKスペシャル »

県教委の「最終」計画

県教委が8/6に公表した高校統廃合計画は、あれだけ広がった各地域からの反対の声が全く反映されていないと言えるだろう。たしかに、名久井農業高校を3学級に戻し、八戸西高の学級増は取りやめているなど、ほんの一部の手直しはあったものの基本は何一つ変わっていないと言えよう。↓参考1http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2008/20080806213043.asp
高教組の声明↓は
「seimei.txt」をダウンロード

この計画を知った「八戸南高校を存続させる会」は、住民の声を聞く耳を持たない県教委に対してでなく、県議会への請願署名を計画していると聞く。準備が間に合えば、お盆前の10日の湊日曜朝市で署名活動を開始する予定だという。

詳細が分かれば後で記載しておきます。

8/12,13の臨時の朝市で署名を行いました。
8/17にも、朝6時半から署名活動を予定しています。

|

« 高教組三八支部が納涼会 | トップページ | 今月のNHKスペシャル »

教育問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188576/42109214

この記事へのトラックバック一覧です: 県教委の「最終」計画:

« 高教組三八支部が納涼会 | トップページ | 今月のNHKスペシャル »