« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

原水爆禁止2008年世界大会代表壮行会

7/30、三八教育会館で原水爆禁止2008年世界大会・広島に参加する代表団の壮行会が行われた。今回八戸から参加するのは5名で、壮行会には4名が出席した(1名は北海道で合宿中のため参加できなかった)。送る側はうみねこ合唱団を含めて22名が集まり、代表を派遣する団体からの激励や大会参加者のあいさつ・決意の後、うみねこ合唱団のリードで和やかに、元気に平和のうたごえを歌った。
中ホールで行ったので、天井が少し高いためか声が響くので、みんなで気持ちよく歌うことができた。
代表団の団長は、青銀労組の小山さん。今回が4回目の参加である。
2008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「コンピュータ」から「コンピューター」に…

ときどき拝見している↓のブログで知りましたが、カタカナの長音の書き方が是正されるのだそうです。
http://ptsnet.cocolog-nifty.com/pcsupport/

紹介されている記事はこちら【マイクロソフト、外来語カタカナ用語末尾の長音表記を変更へ】↓
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0725/ms.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森悦子さんが元気で上野に到着

国民平和大行進北海道・北海道→東京コースは、7/24、上野にゴールしました。
通し行進者の森悦子さんの元気な姿と80日間の足取りが、日本生協連医療部会のHPに掲載されています。
http://www.jhca.coop/topics/080725_01.html

写真は本文とは無関係で、家の前のコスモス
2008cosmos

| | コメント (1) | トラックバック (0)

クライマーズ・ハイ

実は「靖国」の前にこの映画を見ている。実にテンポの良い、映画らしい映画だと感じた。ところどころ説明不足かなという感じや、ときどき挿入される登山シーンの意味が最初は分からなかったりしたが、見終わって満足感を覚えた映画だった。
あまり書くとネタバレになるので、ぜひ見てほしいと思う。「毎日が戦場」の新聞づくりに全力を投入しつつも、家族のこと、友人のことで悩む主人公に心を寄せてしまった。

映画を見た後で文庫本を購入し、一気に読んだ。それぞれのシーンの意味の深さが分かったように思う。そして、ラストがいい、映画よりも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震2

8/2の保険医協会講演会(松山力氏/下北半島東部・原子力施設周辺の断層群について)を市政記者クラブに届けるために市庁に行ったら、衛星アンテナをつけた報道車と「災害派遣」名目の自衛隊ジープ・隊員がいました。そう言えば、大きな地震だったんだと思い出しました。
※公会堂のステージ天井が大きく落下したのですね。後で知りました。

震度か6弱だったにもかかわらずそれほど大きな被害はなさそうだと思っていたので、自衛隊の存在には違和感を感じたました。
調査・連絡等の業務を支援しているのでしょうか。
うちに帰って連れ合いにこのことを教えたら、「(自衛隊は、せめて)こんな時ぐらいは役に立たなければ…」とのコメントがありました。

Photo_3

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震…大丈夫でした。

真夜中にかなり大きな地震がありました。震度6弱だそうですが、二段階で強くなり、家がきしむ音が不気味でおさまるまで少々不安でした。

※誤解されそうなので少し説明。P波(初期微動)が大きく、割合すぐにS波(主要動)の揺れでした。今回はそのS波にさらに大きな揺れが追加されたように感じました。地学の参考書にL波(表面波)と記載されているものではないかと思っています。

幸いガラス類がいくつか壊れただけで、被害は軽微。前の三陸はるか沖地震の時には、テレビが飛び出し、停電して、電話も不通になったのですが、それよりは弱かったと思います。
地震直後から救急車が走り回っていましたが、それほど大きなけがもなかったようです。
※時間がたつにつれ、けがをした人の数が増えています。宅配の牛乳屋さんも、配達の人が今朝の地震でけがをしたために配達できなかったということで、午後に配達していきました。

電話がつながりにくくなったので、災害伝言ダイヤル(171)に吹き込んだつもりでしたが、今朝聞いてみると録音に失敗したらしく、無言でした。やはり、あわてていたのでしょうか。

地労連事務所も被害はほとんどなさそうです。これから片付けに行くつもりです。

私の机のまわりは、普段にもまして…。
Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「靖国」…必見です!

7/19から始まった映画「靖国」は、八戸フォーラムで7/25まで上映の予定です。
http://www.yasukuni-movie.com/index.html
靖国にかかわる事実・現実を描くとこうなるのか、と感じました。
監督も画面も、声高に主張してはいませんが、戦争神社・靖国を描き、その犯罪性を告発することに成功している見事な映画だと感じました。
カメラは、その場にいなければ見ることができないたくさんのシーンをとらえています。
現実のものとして、非常に具体的な靖国神社を見ることができました。
必見の映画です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

澤地さんの迫力に圧倒されました

7/20、弘前市の県立武道館で開催された澤地久枝さんの講演を拝聴しました。
聴衆は1800人を超える発表されましたが、たしかに弘前市内はもとより、県内各地からのバスが並んでいました。秋田県・鷹巣町からいらした方もあったようです。
初めて聞いた澤地さんのお話は、さすが九条の会のよびかけ人と感じました。
平和と民主主義と未来を守る、九条を守る熱意があふれていました。講演は1時間50分にも及び時間があればまだまだお話ししそうな雰囲気でした。作家らしく、実にたくさんの引き出しをお持ちで、ご自分の経験や身の回りの人々のこと、小説のこと、歴史のこと、一緒に九条の会の活動をしてきた小田実さんのこと、信頼し、尊敬する多くの人々のことを語り続けて下さいました。小田実さんのことは、本当に、九条を守ろうという同じ思いでスクラムを組んで闘ってきた仲間として語り、その気持ちを引き継ごうという思いがあふれていると感じました。

澤地さんの写真は、工藤祥三さんのブログから→http://nebaruhito.exblog.jp/8661245/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

君よ

まもなく高生研全国大会が青森市で開催。
で、青森高生研のテーマソング「君よ」

こちらは伴奏

(聞いてほしいのでMP3に変更しました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原水禁世界大会壮行会は7/30に変更

今年の原水禁世界大会には、八戸から5名が参加する。
壮行会は7/30。
参加は、青銀労組、県教組(2)、医療生協、日本共産党三八地区委員会の4団体から。
Page001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

my gooseberry

庭のスグリが今年も実をつけた。熟しはじめたので写真に納めたら、夕方にはかなり酸っぱいジャムになってしまった。熟す前は相当酸っぱいが、熟すとしまりのない味で、生食には適さない。
Photo
背の高いブラックベリーの実はまだ青く、熟すのはこれから。これもジャムになると思う。

話は変わり、この花の名前は何でしょう。買ってきたのに、知らずにいます。
Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝市で1100人、種差観光まつりりでは810、三春屋前でも署名…八戸南高統廃合反対の署名

7/13も、八南高を存続させる会は、湊朝市で統廃合計画の白紙撤回を求める署名活動を行いました。私は7時からの参加でしたが、署名活動は6時からやっていたそうで、前回を上回る1100筆の署名が集まりました。会の代表の中村忠次郎さんは、二度目だから署名数はあまり多くないかも知れないと心配していたそうですが、朝市の人出は多く、まだまだ増えそうでした。札幌から帰省中という若い女性が、私卒業生ですと言って札幌の住所で署名していきました。今回は、署名する人が、卒業生、子どもや孫が南高校卒業か在籍している等、話しながら署名して言ったことが印象的でした。
種差観光まつりでは、炎天下の行動だったようです(私は二戸へ)。10時から12時半ごろまでで810名の署名が集まったそうです。
午後5時半からは三春屋前での署名活動に取り組みました。ここではさまざまな宣伝・署名活動が行われているのであまり協力してもらえないところです。それでも200を大きく越える数の署名でした。高校生が割合協力的でした。
三八母親大会でも署名を集めたので、今日一日の署名数は2000を大きく超えています。
提出は明日7/15の予定。

中村会長等4人が、7/15に提出した署名数は7,941筆でした。すでに、後援会関係で14,633筆が提出されています。デーリー東北紙に報道されました。ABAでも放送されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二戸市民集会大会決議

Photo_3

岩手日報記事
http://www.iwate-np.co.jp/ecology/ecology0807/ecology0807151.html

とmy blogの前の記事の二戸市民生活協働部生活環境課のチラシもご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安心を未来につなぐ市民集会(二戸市)

7/13、二戸市民文化会館大ホールで開催された「県境産廃南側牧野 断ち切れぬ不安 守ろう二戸の自然 安心と未来をつなぐ市民集会」に参加した。主催は、二戸市、二戸市議会、二戸自然と環境を守る会、カシオペア環境研究会の4者。行政と議会、市民団体が共同の集会を開くのは今回が初めてだそうである。参加者数は目測で600人程度。実に多くの市民が参加したことになる。

市長の主催者あいさつが実に立派だった。現行なしで、市の立場・市民と自然を守る姿勢を明確に語り、南側牧野問題の認識、青森県への要求を明確に示した。岩手県産業廃棄物不法投棄緊急対策特別室再生・整備担当課長の吉田氏が「県境産廃現場からの報告」と題して、県境産廃不法投棄の経緯と現状の概略を説明。その後で、二戸市民生活協働部生活環境課・嶋野氏が「県境産廃南側牧野の疑念・調査の実現に向けて」と題して、県境産廃不法投棄現場に隣接する南側牧野の疑念について説明した。
「同事件の不法投棄業者が青森県に届け出て1980年代に下水汚泥の最終処分場としていた牧野。両県の廃棄物撤去の実施計画区域外だが、不法投棄情報も寄せられ、有害産廃が埋まっている疑念がある。現場は二戸側に向かって下り傾斜のため、汚染拡散も懸念される(http://www.iwate-np.co.jp/cyokugen/07cyokugen/cyoku070630.htmlから引用)」。また、当初青森県は調査に同意し、予算をつけたにもかかわらず実行して来なかったこと、最近は「地権者の同意が得られない」ことを言い訳にして不誠実な対応をとり続けていることを指摘した。
市民へのメッセージは、中学生(2校)、主催4団体のメッセージが発せられた。南側牧野への不法投棄について、田子の人(複数)の目撃証言も寄せられていること、隠すと疑念が拡大するから早急の調査を、青森県の責任…二戸市議会県境産業廃棄物不法投棄事案に係る対策特別委員会前委員長の及川氏の鋭い舌鋒等が印象的だった。八戸から参加した私たちは、やや肩身が狭い思いで発言を聞いたいた。
最後に別記の大会決議を採択した。

集会終了後、畠中二戸市議のお誘いで昼食交流会があり、八戸から参加した7人と現地の5人が参加した。三戸から移住したTさんご夫妻も参加。ここでも、青森県当局への批判が強かった。
私は、この南側牧野の問題についてきちんと認識していなかったので、認識を新たにすることになった。反省。

二戸市民生活協働部生活環境課作成のチラシ↓
Photo

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐藤幹事の最賃生活記事

7/12赤旗に大きく掲載されていました。
6/30のNHKニュース9でも佐藤さんが登場していました(録画しました)。
本当に暮らしが大変な中で、組合活動と地労連活動に取り組んでいることがよく分かりました。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日も、朝市、種差、三春屋前で署名

7/9のゆきとどいた教育を考える三八の会で聞いたのですが、「存続させる会」の署名は何と四日間で4000名に達したそうです。階上町の会も動き出しました。

明日、7/13は
 湊朝市 7:00~8:30(実際は6:30から集まり、実行?)
 種差観光祭り 13:00~14:00 →(変更)10:00~12:30くらい

 三春屋前 17:30~18:30(急遽やることになったので、手伝える人歓迎!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八南署名は7/14まで

八南高の統廃合反対署名は、県教委が計画案を発表する前に提出する予定にしているので、7/14(月)までの集約にしています。
集約場所は「存続させる会」の中村さんか三八教育会館の苫米地さんのところにお願いします。用紙が足りない場合も、中村さんか三八教育会館・苫米地さんへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝市で署名

7/6、湊日曜朝市で八戸南高存続署名を行いました。主催は「存続させる会」、湊日曜朝市会事務所前の広場を借り、肉声で署名を呼びかけました。
地元だけにとても関心が強く、一時間余の行動で600名を超える署名が寄せられました。行動には、ゆきとどいた教育を考える三八の会のメンバー3+α名も参加しました。
私は、湊朝市がこんなに盛大に行われていることを知らなかったので、人出の多さにただ驚きました。朝市で八医労のMさん、福祉事業団労組のKさんと会ったので、署名用紙をあずけて集めてもらうことにしました。目標の10000名を実現するためには、協力者を増やさないと…。
「存続させる会」は、夜の三島まつりでの署名と合わせて、今日一日だけで1000名を目標にしていますが、実現できそうな勢いです(私は、日中の囲碁大会の審判をつとめ、試合もやったのでばててしまい、夜はパス)。
※7/7のデーリー東北紙によると、この日の署名数は計2000名でした。会の代表の中村さんも「予想以上」とコメント。
南高校の統廃合(廃校)に反対する街の世論が高まっているのだと思います。

付記 東奥日報の特集・「消える教室 県立高校再編」がいい内容です。ご一読を。
http://www.toonippo.co.jp/kikaku/hs_saihen/kieru-kyoshitsu/0705.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白紙撤回署名を開始…存続させる会

6/27の鮫地区・教育なんでも懇談会をきっかけに発足した八南高を存続させる会が、計画の白紙撤回を求める署名を作成し、7/14までに一万人の署名を集める計画で動き出しました。
この計画は、7/3白銀・教育なんでも懇談会で発表されたものです。朝市や三島まつり、種差観光祭りでも集めようと張り切っています。署名の集約先は、中村忠次郎さん(080-3197-8413)と三八教育会館(県教組三八支部)。八南高の後援会や同窓会が集めた1万5千人の署名+1万人で、市民の1割の署名あつめを目標にしました。

用紙をダウンロードして、みなさんもご協力下さい。「hakusitekkai.pdf」をダウンロード

朝市  7/6,13日朝7:00~8:30
三島まつり  7/6 18:00~19:00
種差観光まつり  7/13 13:00~14:00
署名の場所が分からなければ、中村さん(上記携帯)に聞いてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

急遽、白銀地区でも教育懇談会

6/27の鮫公民館で「八戸南高を存続させる会」が発足、署名等の活動を進めていくことになりましたが、運動を広げるために白銀地区でも懇談会を開いてほしいという意見が出、急遽、7月3日、午後6時半から白銀公民館で開催することになりました。
チラシの配布は、会のメンバー+白銀の協力者が行います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »