« 鮫公民館で、教育なんでも懇談会 | トップページ | 山はあっても山梨県、貝はなくても甲斐の国 »

イカ釣り漁船の一斉休漁

原油高による燃料費の高騰を受けたイカ釣り漁船の全国一斉休漁で、県内でも18日、小型イカ釣り漁船など800隻以上が休漁したという(毎日新聞)。

もう働くな レーキを投げろ
… …
働くことの卑怯なときが 工場ばかりにあるのではない

宮沢賢治のこの詩をイメージしたのは、ステレオタイプとのそしりを免れないかも知れない。

地労連の議案を作成していて、青森県の労働者の低賃金が本県の主力産業である農業、漁業が(国の政治で)粗末にされていることと関連しているのではないかと考えた。イカ釣り漁船の休漁が報道されたのはその後の出来事だった。
労働者も農民・漁民も、中小企業(経営者)も、
働くものとしての連帯が、必要になっていると思う。

|

« 鮫公民館で、教育なんでも懇談会 | トップページ | 山はあっても山梨県、貝はなくても甲斐の国 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188576/41605546

この記事へのトラックバック一覧です: イカ釣り漁船の一斉休漁:

« 鮫公民館で、教育なんでも懇談会 | トップページ | 山はあっても山梨県、貝はなくても甲斐の国 »