« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

平和行進6/5~7

6/5夕方、国民平和大行進が上北から三八に引き継がれる。
17:45三八教育会館から市庁まで行進の後、18:15の引継集会が予定されている。
平和行進は1958年に開始されているので今年で50周年になる。かなり前のことだが、組合の出張で沖縄に行き、来たついでにということで嘉手納基地を見学していたときに、暑い中、嘉手納基地の横を行進する平和行進の小さな隊列を見たことがある。とても感動的だった。、
核兵器廃絶を訴えて全国を行進するという取り組みだが、私たちが担うのは、北海道・礼文から東京にいたる太平洋コース(青森で日本海コースと太平洋コースに分かれ、日本海コースはさらに、三つに分かれ東京・上野に集結する)で、金田一温泉駅で岩手県に引き継ぐことになる。ご参加を。
日程は次の通り。
6/5 17:45三八教育会館→18:15八戸市庁・引継集会
6/6 10:00八戸市庁→10:30司法センター→11:00南部町役場→剣吉駅前→
   13:00三戸町→14:00三戸町役場・解散(田子町へは事務局訪問)
6/7 12:00三八教育会館出発
   13:00三戸町役場→14:00金田一温泉駅前・引継集会
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南部町の長谷ぼたん園

南部町の長谷ぼたん園が見ごろです。
奈良県の長谷寺からぼたんの苗を譲り受けたことがきっかけで、「町民一人一本」を合い言葉に整備してきたという。130種八千本の大輪のぼたんが、まさに咲き誇っていました。

1

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青森生存権裁判を支援する学習会

朝日訴訟をたたかった朝日健二さんが講演します。
朝日訴訟は、
以下引用(http://asahisosho.or.jp/about/ NPO朝日訴訟の会HP)
「人が人たるに値する生活を勝ち取る」という意味で「人間裁判」と呼ばれました。第一審で画期的な勝利をえて、その後の生活保護基準の大幅な引き上げを実現し、憲法25条を絵に描いた餅にしてはならない、と生存権意識を国民の中に定着させ、日本の社会保障運動の原点となりました。

氏は、原告・朝日茂さんと養子縁組して、上告審を継承しました。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七戸・天王神社の山つつじ

5/18は七戸・天王神社のツツジ祭りを見てきました。昨年は完全に終わっていたので、今年こそと思いながらいきました。山門の両側の山ツツジは満開で、ちょうど見ごろ。階段が急なのでのぼるときはあまり見ませんでしたが、のぼる前と緩やかな下りで眺めました。
実は町役場に車を置いて、七戸城跡に先に登り、天王神社の全景を見ることができました。七戸城跡も広く、整備されていてなかなかいい感じでした。ウグイスの上手な鳴き声が印象的でした。
なお、天王神社は牛頭神・スサノオノミコトをまつっているのだそうです。
Photo

寄り道したカワヨ牧場で子羊を見ました。
Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高教組支部役員を退任しました。

5/17午後に開催された高教組三八支部定期大会で新役員が選出されましたので、私はようやく退任となりました。組合に加入した翌年(23歳)から、未熟なままに支部役員や本部役員を務めてきましたが、今日が最後となりました。
私が加入したころは、組合員が、組合活動も教育活動も懸命に取り組むという姿勢で、信頼できる多くの先輩がいたという印象を持っています。その跡を継いだ私たちが、権力の攻撃が強まったとはいえ、活動のレベルを維持できなかったことは大きな反省点です。でも今は再び、新しい風が吹き始めました。臨時教職員・青年の加入が増えていることを頼もしく感じています。
支部の新書記長は、八水高のT先生です。T氏は、7年間青森市で高教組本部役員と特別執行委員の仕事をしてきました。組合活動の経験も豊富で、頼りになる方です。高教組運動を職場から築きなおし、組合員・教職員の願いに根ざしたものにするためにうってつけの人だと私は思っています。
支部役員には、他にも新しい顔ぶれが増えました。

運動の発展を期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わが家の春

すずらんが咲きました。八重桜も私のリビングの窓を飾っています。
58

Photo_3

5/12に家付近でP1020488

P1020481

| | コメント (0) | トラックバック (0)

midiの録音・顛末

発端は、うたごえサークル「おけら」のホームページhttp://bunbun.boo.jp/index.htmに多数のmidi音源があるので、たとえばメーデー開会前のBGMとして使えるのではないかと考えたことにある。うみねこ合唱団が、メーデーでは「ねがい」の歌唱指導を行うと言ってたので、あらかじめそのメロディを流すことなども考えたのだ。下記のhttp://utagoekissa.web.infoseek.co.jp/でピアノ演奏風のねがいを見つけたのも動機の一つ。
ところが、midi演奏がダウンロードできない、winXPのときにはPCで再生しながらそれを録音できたはずだが、vistaではそれができないのだ。
ネットで検索してたどり着いたのが、ここhttp://www.cycleof5th.com/tips/index.php?date=2007-08-27/1
できることを確信して、SoundEngineをダウンロードしてやってみたが、どうしても説明にあるStereoMixが表示されない。
少し横道にそれて、超驚録の試用版をインストールしてみた。14日間は無料で使えるというのに、最初から期限切れの表示が出、購入を促す。なんとあくどいやつだろうと思ってアンインストールした。
メーデーは終わったが、消化不良の感があったので、また上記ページをながめていたら、http://www.atamanikita.com/stereo_mix_vista3.htmlのオーディオデバイスの種類からアップデートするを見つけて、ものは試しとやってみた(Realtek High Definition Audio)。あっさりStereoMixが表示され、SoundEngineによる録音も成功した。記念すべき一曲目はウシュクダラ(上記ページからのリンクでhttp://utagoekissa.web.infoseek.co.jp/から)。小気味いい演奏だった。こちらの演奏はプロのよう。
録音したファイルは、著作権の問題があるのでブログで公表することはできないと思うが、活用の機会があるだろうと思っている。
それにしても、midi演奏の曲が概算で900曲に達しているのは、おどろきである。インターネットにつながっているPCで歌いたい曲を選び、演奏もPCから、ということもできそうだ。
うたごえらしくないパターンだとは思うが…。

付記 がんばろうや地底の歌、三池の主婦の子守歌など、うたごえ運動に大きな足跡を残した荒木栄さんを描いた「荒木栄の歌が聞える」が完成し、明日から札幌での上映が開始されるそうです。「おけら」のページとうたごえ喫茶「のび」のページで知りました。http://utagoekissa.web.infoseek.co.jp/arakisakaenoutagakikoeru.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高校教育改革説明会で

 5月8日に八戸市で開催された説明会には170名が参加しました。三八地区で廃止の対象となっている八戸南高校(八戸市)、南部工業高校(南部町)の後援会や保護者らも多数出席し、次々に計画の見直しと学校の存続を訴えました。発言者のすべてが計画案反対の意見で、「(統廃合)計画には教育者としての心がない」、「母校を奪わないでほしい」、「郡部を切り捨てるな」、「夢と暖かさがあふれる小規模校を否定するな。」、「(計画に)県民の声を反映させよ」等の批判・要望も出されました。公立と私学の比(3対1)を維持するために私学が多い三八地区では(県立の)学校・学級の削減割合が大きいことへの疑問も出されました。こうした発言に対して県教委は、計画案に記載されている説明(「言い訳」)を繰り返すだけで、とうてい納得のいくものではありませんでした。説明会で出された意見や募集しているパブリックコメントも「承っておく」というだけで、真摯に耳を傾ける姿勢は見えません。説明会会場には、ときおり計画案の見直しを求める横断幕も掲げられ、反対意見には大きな拍手と同意の声が上がる展開で、計画案説明会というよりは阻止・見直しのための集会の様相を呈していました。発言はありませんでしたが、三戸高校(三戸町)の商業科廃止に反対する地域の反対・署名運動も報じられています。 計画案は、「中学校卒業予定者数の減少」に学級削減・学校統廃合を前提として数字あわせで対応するものに他なりません。計画は拙速に過ぎるという批判もありました。県民・地域、学校関係者の声に真剣に耳を傾け、さまざまな選択肢を検討し、納得のいく結論を得るための取り組みが県教委に求められています。

Photo

Photo 










 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マチルダ」の思い出

「マチルダ」という曲がある。
ハリーベラフォンテのカーネギーホール・ライブ版が印象的で、高校生のとき文化祭準備をしていた体育館で流れていた。
歌詞は単純で、「マチルダという女が(私の)財布を盗んでベネズエラに逃げた」というだけで、これを観客と一緒に繰り返す、何と11分27秒もの長さである。
還暦を記念して高校の同期会が開かれたので出席し、高校の思い出の一つとしてこのことを語ったら、当時の副担(体育の先生、新卒だった)が私を呼んで、レコードは自分の趣味で購入し、先輩の別の体育の先生にあげたものだと明かしてくれた。私は、体育が苦手だったので副担に対してやや敬遠気味だったのだが、このことを聞いて、副担のI先生は私たちとほとんど同じ世代だったのだ今更ながら得心し、親近感を覚えた。当時、学校の文化祭でチョンガーズというバンドを組んで登場した先生たちが、マイアミビーチ・ルンバを軽快にすてきに演奏した思い出もよみがえった。
同期会のたびごと(最近は5年ごとに開催していて、これからは3年ごとの開催を検討)に、高校時代には話せなかった(近づけなかった)「女子生徒」と話すことができてうれしく思うのだが、若かった先生たちとの同期会にもなるとは…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山谷常雄氏のリサイタル

70歳を過ぎて声量豊かにうたうテノール・山谷常雄氏のリサイタルが三八教育会館で開催される。今年は、三八教育会館が市民におくるコンサートとして開催される。第二部では、発声法と呼吸法についてというお話とおぼろ月夜(二部合唱)の指導もある。
参加費は無料。
実は山谷氏は、かつての同僚。出身もつがる市で私と同郷です。

20080430215856

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あつい!メーデーでした。

快晴、フェーン現象と参加者の熱気で、今日はあつい一日でした。
9:20議長との打ち合わせや準備も終了。
ボックスタイプのアンプ付きスピーカーの音がこもるのが心配。参加者の出足も少し遅い。
9:35うたごえ開始。うみねこ合唱団のおかけで雰囲気が高まる。
9:55来賓、発言者が配置、統制委員の打ち合わせも終了
10:03開会宣言。続いた中道委員長の主催者あいさつが格調高く、集会終了後の交流会でもみんなからほめられていました。
今回の集会では、6団体・労組からのリレートークを企画しました。1分30秒という制限ですが、簡潔な報告が好評でした(オーバーした発言者にやきもき!)。社保協の特別発言がなくなったので、集会は予定通りの進行。
10:40メーデー宣言確認、3分遅れ。デコレーションは新婦人が一位。生健会の議事堂みこしも目立って三位。直ちにデモ行進に移りました。
アナウンサーとシュプレヒコール担当者が先頭車に乗ってしまうというアクシデントがあった(打ち合わせ不足でした)ものの途中で乗り換えてもらいました。
新婦人のKさんのアナウンスはアドリブも入って絶好調の感じでした。
cinoを曲がる前に連合の行進状況を確認し、とっくに通り過ぎていたので足踏みすることなくすすむことができました。シュプレヒコール担当のIさんはほとんどど休みなくシュプレヒコールを続けました。交流会では、今年は沿道の雰囲気が違うという話が出ましたが、政治への不満の高まり、シュプレヒコールへの共感の表れではなかったでしょうか。
今年も参加者数は目標の200人に届きませんでした。当局からの攻撃に会い、組合の団結が揺らいでいる単組もあり、困難ななかで活動している単組もあるのが現状です。一番元気なのは年金者組合ですが、やはり、現職にもっとがんばってほしいものです。
集会終了後の交流会は、いくつかのグループとして開催されました。
年金者組合が多く参加した事務局企画の三八教育会館では、前向きなたくさんの意見が出され、事務局としてはうれしく感じました。
なお、警察の交通整理がおざなりで、交差点でほとんど誘導してくれないのが不満でした。

Photo

Photo_2

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »