« 大谷教授の講演記録④ | トップページ | 12/18高等学校グランドデザイン会議答申説明会 »

愛犬・コ゜ロウの介護

コ゜ロウがわが家に来てから来春には16年になる。
今年の夏に歩けなくなったりしていたが、秋にはときどき走ったりもしていたので、たぶん冬を越すだろうと楽観していたが、犬の老衰は突然やってくるようだ。三日前から急に歩けなくなり、昨日からは立つこともできなくなった。エサも水もとらない。
インターネットで探したら、ミカンを食べた話やコンデンスミルクがいいという話、犬用のサプリメントも紹介されているので、試してみようと思う。
今夕はミカンを含ませたら、少しすすっていた。
せめて、子どもたちが帰ってくる正月まではがんばって欲しいと願っているが…。

追記 今夕12/12、コンデンスミルクと柔らかビスケットを買って帰ったら、ゴロウは冷たくなっていました。あまり苦しまず、ひっそりと死んでいったようです。覚悟はしていましたが、少し早い別れでした。

|

« 大谷教授の講演記録④ | トップページ | 12/18高等学校グランドデザイン会議答申説明会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コンデンスミルクと柔らかビスケットは食べてもらえなくて残念でしたね…。でも最後においしいミカンを味わえてうれしかったと思いますよ。
たぶんそれだけで十分だったんでしょうね。
 
       


投稿: | 2007年12月13日 (木) 01時09分

ありがとうございます。
家の前の犬小屋はまだ片付けていないので、見るたびに、ほえる声が聞こえてきそうな感じがします。
ミカンを食べたときもゴロウは夢うつつの感じでしたが、その後で(吠える)声が少し大きくなったので、持ち直すかと期待していました。

投稿: マリオ | 2007年12月14日 (金) 08時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188576/17343752

この記事へのトラックバック一覧です: 愛犬・コ゜ロウの介護:

« 大谷教授の講演記録④ | トップページ | 12/18高等学校グランドデザイン会議答申説明会 »