« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

上映会をやってみて

 はじめてDVDを使った映画会(「こんばんは」)をやってみました。
 スクリーンは120インチ相当のものを準備し、PCからPCケーブル出力(RCA・黄色のピンコードではなく)で液晶プロジェクターから投影しました。画像はなかなか良かったと思っています。音声はBoseのPC用スピーカーを使用しました。学校で使ってみたことがありますが、体育館でも大丈夫なほど良く音が出ます。二台セットでたしか1万7千円だったと思います。普段は自宅のPCにつないでならしています。お買い得商品だと思います。
 上映会の観客は16名で、遠慮なく笑ったりできるので、こういう形の上映も悪くないなと思いました。映画が始まった後は、前に一度見たのに、引き込まれてしまいました。ずいぶん印象的なシーンがあることを再確認した感じです。
 費用は会場費だけだったので、黒字です。ささやかな剰余金はDVDを提供したあおもり教育のつどい実行委員会に拠出します。
 帰ってテレビを見ていたら、連れ合いにお隣さんからメールがありました。映画「こんばんは」に取り上げられていた夜間中学の見城先生がNHK教育に出演しているよというお知らせでした。生徒のこと、夜間中学のことを語って感極まる見城さんを見ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画・こんばんは上映会

 10月30日、三八教育会館で夜間中学を記録したドキュメンタリー映画・「こんばんは」の上映会を行います。実は、あおもり教育のつどいで全体講演を行うのがこの映画の監督の森康行さんです。氏は、映画制作の現場から見た夜間中学-学ぶ喜び・生きる誇りと題して講演します。この映画は二年前に八戸市公民館(公会堂文化ホール)で上映されたのでごらんになった方も多いとは思いますが、「教育とは何か」、「学ぶというのはどういうことなのか」をあらためて私たちに訴えてくるたいへんすばらしい映画なので、もう一度上映会を行うことにしました。
 DVDを使いますので、画質は少し落ちますが、会費500円ですので、どうぞ多数おいでください。

トップにおきたいので投稿日時を変更しました。

Konbanwa

| | コメント (1) | トラックバック (0)

悩みは…、誰か分かりませんか。

最近、自宅PCに内蔵ハードディスクを増設したのですが、うまく認識してくれません。
SATAなので、設定なしに認識するはずなのですが、起動時には認識せず、ディスクマネージャーで見てもありません。なお、事前にバイオスで見ても認識されていません。
ところが、スタンバイ(vistaなのでスリープ)からの復帰で忽然と姿を現すのです。スタンバイに入り直ちに(秒単位で)復帰しても見えるようになるのです。
このとこに気がついたので、フォーマットし、データのバックアップ(17GBほど)もできました。でも、事態は変わりません。
情報技術科の先生に聞いても首をかしげるばかりでした。
PCを自作する同僚の意見は「相性ではないか」ということです。購入したのはサムスンのもので、その同僚が言うには、HDでの相性問題というのはほとんどないのだがサムスンにはあると。
いったん認識すると次の起動までは問題なく駆動しているのとりあえずは問題は軽微なのです。それにしても、スタンバイからの復帰で認識されなくなると言う話は聞くのですが、私の場合は一体なぜ?
バルク品の怖さをちょっと知った感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同僚の死

 今月1日、休職中の同僚がこの世を去った。
 昨年交通事故を起こし、心労もあって休職していたのだが、突然の逝去に驚きを隠すことができないでいる。生徒と一緒にクラスづくりをすすめていた先生で、テスト監督に行ったときなど、週刊のクラス通信を読ませてもらっていた。女の先生なので、おまり親しくしていたわけではないが、いい先生だなと思っていた。
 事故は本人の責任が大きいとはいえ、部活や文化祭等の取り組み、生徒の進路指導等で急がし過ぎたころの出来事だった。職場で、検察あての嘆願書を集めていて、もう少し集まったら提出しようと考えていたのだが、残念ながら私たちの思い・励ましを彼女に伝えることはできなかった。通夜の前日弔問に訪れて嘆願書をご主人に渡し、私たちの思いを伝えてきた。きっと、翌日の火葬の際に一緒に灰になったのだと思う。
 被害者の遺族に話し合いに応じてもらえず、検察の事情聴取の際の話も厳しかったようで、教員免許が失効・失職という最悪のケースが頭を離れなかったようだ。私はメールでやりとりし、裁判のことも考えて弁護士に依頼した上での話し合い解決も提案したのだが…。
 「教員の事故は起訴までが勝負」と、全教自動車共済の人たちは言う。前述した嘆願書の文案もエミール企画(青森県の自動車共済組織)からもらったものを参考にした。嘆願書の文面を送ってもらったとき、「私たちの保険に入っていれば、いろいろできるのに」と残念そうに語っていた。本当にそうだったなと感じている。
 遺体に対面したとき、不覚にも涙が止まらなかった。
 同僚を、仲間を失う悲しみを二度と味わいたくないと心から思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月の行動計画など

10月 5日 三八教育会館文化講演会は、八戸メンネルコールの演
      奏会で、午後6時から。

10月 7日 医療生協の健康まつりが類家の福祉公民館で9時~。
      午前中は会場で教育全国署名を訴えるつもりです。

10月 9日 6・9行動、三春屋前17:30~

10月14日 大野キャンパスでレク・交流会。地労連の行事です。
      9時教育会館出発。

10月15日 主任手当奨学生支部選考会、18時30分、教育会館

10月20日、21日 教育全国署名を三春屋前、13時~14時。

10月22~26日 拡大行動週間

10月23日 支部執行委員会

10月24日 地労連評議員会、18時30分教育会館

10月30日 映画「こんばんは」試写会(予定)、教育会館18時~

11月3~4 あおもり教育のつどい、弘前三中

Nipponanthemum_nipponicam

| | コメント (0) | トラックバック (0)

主任手当奨学生支部選考

 主任手当奨学生の支部選考会議は10/15(月)に行います。
 案内はあらためてはがきで出しますが、校内での募集と選考のための時間が必要だと思いますので、お知らせしておきます。
 なお、募集人員は100名、奨学金は2万円です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »