« 9月の行事など | トップページ | 9/7予定の教育署名は中止 »

明日がある!とは思うけれども

 知り合いの臨時講師の先生から、来年も教員採用試験を受けることになりましたというメールが来ました。昨日は青森県の教員採用試験の発表でした。
 その人は、前に同じ職場だったので、教員としての適性も力量も十分な方だとわかっています。ただ、ご自分の専門科目の採用がないので他の科目を受験せざるを得ないという気の毒な状況です。たしか、修士課程を修了後、臨時と非常勤の経歴が10年になります。これまで、「団塊世代を教えた面々が退職すればきっと採用されるはず」と述べてきたのですが、ついに団塊世代の退職にいたりました。こんないい先生を採用しない県教委には天罰を与えてほしいと無神論者の私でも思います(安部首相には国民が罰を与えましたが…)。

 明日があるさ!と思い…自分の道を堂々と歩きましょう
                                 ね。

Inakadate  

|

« 9月の行事など | トップページ | 9/7予定の教育署名は中止 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188576/16340577

この記事へのトラックバック一覧です: 明日がある!とは思うけれども:

« 9月の行事など | トップページ | 9/7予定の教育署名は中止 »