« 騎馬打球 | トップページ | 8.15に思うこと »

夏の祭

 父が入院したので見舞いに行った帰り道、久しぶりに青森のネブタを見てきました。駐車場(ネブタの運行コースは全面通行禁止になる。県教育会館もコースの中なので、早々に移動した)に近い市役所付近に行きましたが、いいところは大体が有料観覧席に設定されているので、日銀支店の前に陣取りました。
 以前と違って、ネブタが一ヵ所から出発するのでなく、コース内に適宜配置され、のろしの合図で一斉に動き出すやり方でした。出発直前のネブタ太鼓やお囃子がずいぶん雰囲気を盛り上げていました。
 ネブタの運行を最初から最後まで見たのは初めてです。青森にいたときは家族ともどもハネトの中にいましたし、その後何度か見に来たときも立ち見程度でした。今回は、じっくり見ました。それぞれのネブタが違うのは当然ですが、ハネトにも特徴があり、見ていて飽きませんでした。とくにネブタが旋回し迫ってくるときの迫力は圧倒的です。
 市民団体中心の「ねぶた愛好会」のネブタを見たいと思っていましたが、この日は市役所前までは来ませんでした。残念。
 ネブタの運行開始から、いろいろ試しながら写真を撮りました。高感度モードで撮ると背景が暗いので、ネブタが白っぽく映る場合が多かったです。シャッター速度を1/60に固定して撮ってみるとネブタはかなりきれいに映るのですが、ハネト(踊り手)がほとんど映りません。最終的には、ストロボも使ってみました。これが一番良かったと思います。
 青森ネブタは、残念ながらその多くが企業が中心です。ネブタ制作に多額の費用がかかることが一番の理由らしいのようです。その中で、ネブタ愛好会が毎年がんばって参加している意味は、祭の本旨にかなうと思っています。
 とても楽しいひとときでした。

Nebuta1_2  

|

« 騎馬打球 | トップページ | 8.15に思うこと »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188576/16023290

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の祭:

« 騎馬打球 | トップページ | 8.15に思うこと »