« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

9月の行事など

 夏休みがあけて、さまざまなイベントや集会が予定されています。予定表にも記載していますが、向こう一ヶ月分のイベント、集会等をまとめてお知らせします。

●9/ 1 13:30から三沢平和学習会が上北町・旅館「松園」で行わ
     れます。
●9/ 2 日本科学者会議の原子力発電問題シンポジウムが9:30
     から、青森市文化会館で行われます。
●9/ 4 教育署名(3000万署名)のスタート街宣を予定しています。
     17:30~18:30三春屋前です。9/5も同じ計画です。 
     9/7に変更します。
●9/ 6 6・9行動、17:30~18:30三春屋前です。
●9/ 7 教育署名(3000万署名)のスタート街宣。
     17:30~18:30三春屋前です。
●9/ 8 高教組分会代表者、県教育会館で13:00~16:00の予
     定です。各分会からの参加が求められています。
●9/ 8 この日は、八戸では経済同友会終身幹事・品川正治氏
     の講演会があります。会場は八戸グランドホテル、14:00
     からです。
●9/ 9 教育なんでも懇談会、三八教育会館で14:00からです(前
     にも投稿しました。チラシ付き)。
●9/16 超勤解消シンポジウム、県教育会館で10:00~12:00の
     予定です。午後は青教共済支部担当者会議も設定され
     ています。
●9/22 渡辺治さんの講演会が青森市で開催されます。渡辺氏
     は、先日もテレビで(NHKの特集番組で、憲法九条や集団
     的自衛権について)鋭く、説得力のある発言をしておられ
     ました。高教組は旅費を支給します。
●9/29 大西勝巳さんを偲ぶ会、三八教育会館で14:00からです。
     大西さんは、三八地労連の事務局長として、長い間地労
     連活動を支えてきた方です。参加の申し込みは、支部役
     員に9/20までに伝えてください。参加費は4000円です。
●9/30 三八母親大会、三八教育会館で13:30からです。是川保
     育園長の中村洋子さんが記念講演を行います。

写真は今夕の月食で終了寸前。明るすぎるので、1/400で。
Gesshoku828

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休みの終わり

 今年の夏休みは8/20で終了。
 前半は進学講習、半ばは夏祭り+人間ドック、後半はお盆+夏風邪がポイントだ。
 夏風邪を引いたのは、人間ドックの冷房の効きすぎで、気がついて半天を来たときには手遅れ。咳がなかなかとれなかった。
 この数日は暑さが一段落して過ごしやすく、夜には虫の音が聞こえている。
 仕事をするにはちょうど良い。
 夏の思い出を写真で少々。

 追記 8/19にシーガルビューホテルで聞いたニューオリンズ・ジャズも良かった。クラリネットの演奏は、本当に歌っているようだった。私の青空、世界は日の出を待っている、可愛い花、上を向いて歩こう、A列車で行こう、サマータイム、聖者の行進等々、知っている曲のオンパレードでした。楽しいひとときでした。

 蔵王のコマクサ
Komakusa2

 

山寺

Yamadera

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9.9教育なんでも懇談会

 ゆきとどいた教育を考える三八の会が行っている教育なんでも懇談会は、9月9日に予定されています。 テーマは「教育再生会議の提言を考える」です。
 授業時間数の10%増加、早寝早起き朝ご飯など、思いつきのような文言が並んでいます。教育研究者が一人も含まれていない「教育再生会議」が出した提言をみんなで検証してみましょう。

PDFファイルダウンロード kyoukon99.pdf (508.9K)

Page001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

闘病生活の末に…太田有三Tご逝去

 今年の夏、別れを告げた人が三人になった。
 本校定時制の太田先生は、休職・入院で闘病生活を送っていたが、8月10日に逝去。本日、葬送の儀が行われた。
 同じ職場だが、仕事の時間帯が違うため会うことはほとんどない。年度末に顔を見ているが、そのときは元気そうだった。その後、休職した話を聞いたが、このような深刻な事態は予想していなかった。奥さんの話では、病名の告知を受けたが懸命に病気と闘っていたと言うことだった。
 太田先生は、細面のやわらかな笑顔の印象を残して、私たちの前を去った。

Tsuru

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8.15に思うこと

 私の伯父は中国で死んだ。伯父一家の戸籍を見ると、家族の多くは戦後、収容所で病死している。生き残ったいとこが妹を置いて一人だけ帰国し、死亡届を出したので戸籍謄本にそのことが記載されている。
 いとこが中国人に託した妹の消息は、中国との国交回復後に判明したが、会えないままなくなった。
 伯父は中学校の校長をしていたという。満州(当時の)に渡るとき、祖母が泣いてとめたことを私の母が記憶している。伯父は、八女の母とは二十以上も年の差がある長兄だった。
 こうしたことは、娘が夏休みの自由研究で家族の歴史を調べたときに、母から戸籍の一覧(相続登記で使用)を見せられ、初めて詳細を知った。侵略戦争によるさまざまな悲劇の一つだと思う。

2013/10/12 叔父→伯父に訂正しました(年金者新聞に投稿して間違いを指摘されました)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の祭

 父が入院したので見舞いに行った帰り道、久しぶりに青森のネブタを見てきました。駐車場(ネブタの運行コースは全面通行禁止になる。県教育会館もコースの中なので、早々に移動した)に近い市役所付近に行きましたが、いいところは大体が有料観覧席に設定されているので、日銀支店の前に陣取りました。
 以前と違って、ネブタが一ヵ所から出発するのでなく、コース内に適宜配置され、のろしの合図で一斉に動き出すやり方でした。出発直前のネブタ太鼓やお囃子がずいぶん雰囲気を盛り上げていました。
 ネブタの運行を最初から最後まで見たのは初めてです。青森にいたときは家族ともどもハネトの中にいましたし、その後何度か見に来たときも立ち見程度でした。今回は、じっくり見ました。それぞれのネブタが違うのは当然ですが、ハネトにも特徴があり、見ていて飽きませんでした。とくにネブタが旋回し迫ってくるときの迫力は圧倒的です。
 市民団体中心の「ねぶた愛好会」のネブタを見たいと思っていましたが、この日は市役所前までは来ませんでした。残念。
 ネブタの運行開始から、いろいろ試しながら写真を撮りました。高感度モードで撮ると背景が暗いので、ネブタが白っぽく映る場合が多かったです。シャッター速度を1/60に固定して撮ってみるとネブタはかなりきれいに映るのですが、ハネト(踊り手)がほとんど映りません。最終的には、ストロボも使ってみました。これが一番良かったと思います。
 青森ネブタは、残念ながらその多くが企業が中心です。ネブタ制作に多額の費用がかかることが一番の理由らしいのようです。その中で、ネブタ愛好会が毎年がんばって参加している意味は、祭の本旨にかなうと思っています。
 とても楽しいひとときでした。

Nebuta1_2  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

騎馬打球

8/2、長者山で行われた騎馬打球を見てきました。
http://festival.10.dtiblog.com/
で、加賀美流騎馬打球は、ペルシャに生まれ、中国から日本に渡り形をかえて八戸藩に育った南部馬術のひとつと説明されています。当日の説明では、紀元前20世紀に生まれたものでホッケーの原型という解説でした。たしかに、ゴールは片側だけですが、紅白それぞれに設定されていました。鞠は、ソフトボールのようです。ものすごい勢いでシュートされ、カメラマンを直撃するシーンもありました。2点ゴールすると相手のシュートの妨害ができると言うことで、なかなか激しいものでした。
Kibadakyu

徒(かち)打球と呼ばれる馬に乗らない試合も合間に行われ、向陵高校の生徒が登場していました。こちらの鞠は硬式テニスボールのようでした。
Kachidakyu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Excelのキリ番

キリのいい番号=キリ番という言葉があるが、ふとExcelの日付(1900/1/1を1として開始する一連の数値=シリアル値)が最近は39000番台であることに気がついた。
40000はいつか。Excelに40000と入力し、セルの書式を日付にするとその日が表示された。2009/7/6だった。44444は2021/9/5。
ついでにもっとキリのいい数値50000で調べたら、2036/11/21で私の年齢は89歳。
そのときまで生きていられるのだろうか。

蛇足 Excelは1900/1/1午前0時が1.0、ただ、1900/1/1開始なので1899/12/31と入力すれば日付としては認識されません。ところが、たとえば0.1を入力し、セルの書式を日付に変換すると1900/1/0という日にちがあらわれます。エクセルの時間計算で必要なためなのですが、何となくおもしろく感じます。

蛇足2 現在使用されているグレゴリオ暦は400年周期です。これは、閏年の周期であり、また、400年を日数としてカウントすれば7の倍数になるので、年月日と曜日が400年で一巡するのです。

蛇足3 地球の公転周期は365.242199日、グレゴリオ暦の1年は365.2425日なので、3300年で一日の誤差が発生します。半日以上のずれが生じれば暦を変えることになると思うのですが、その年は3216年(グレゴリオ暦の制定から1650年)あたりでしょうか…。その年は12月30日までしかない…かも知れません。
なお、今でもときどき(数年に一度)閏秒が入りますが、それは自転周期が潮汐の効果で遅れるためです。上記のグレゴリオ暦と太陽年との違いは1年で26秒にもなり、別ものです。自転(1日)と公転(1年)は本来無関係な現象ですね。
参考に→ http://www1.odn.ne.jp/haru/data-list/koyomi-reki.html

蛇足4 エクセルの間違い→1900/2/29がExcelでは日付として存在します。曜日も1900/1/1からこの日までは一日ずれているのです(前記のように、400年違えば月日と曜日が同じになるはずなので、簡単に確認できます)。ロータス1-2-3との互換性を保つために生じたようです。
参考に→ http://pc.nikkeibp.co.jp/article/NPC/20070529/272873/
なお、2100年以降は是正されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »