« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

子どもの権利という観点

 私は教育基本法改悪に反対するこの数年の取り組みで、これまで教育基本法についての正しい理解が欠けていたことを痛感してきました。「女性のひろば」という月刊誌に掲載された口語・教育基本法という記事を読んで、心底納得できたように思いました(我ながらレベルが低いと反省しています)。
 
また、これまで数多く引用されてきた学テ判決の「教育内容に対する国家的介入についてはできるだけ抑制的であることが要請される」という部分が、憲法13条と26条から直接導かれていることも不勉強で知りませんでした(教育についてきちんと学んでこなかった、あるいは学ぶ努力の欠如を反省)。年末に教育基本法「改正」情報センターのHPで拝見した世取山洋介参考人の意見陳述(2006年12月1日参議院教育基本法に関する特別委員会)を読んで、「子どもの権利という観点」が自分自身に欠けていたと反省しています。
 私たちは、新しい年に新しい状況の下で、憲法と子ども・教育を守る活動を続けていかなければなりません。その立脚点の大事な一つを教えていただいたと思うので、お読みでない方は、長めの引用になりますがご覧ください。
 なお、全文はこちらです。

以下引用です。
 今日私がお話ししたいのは、子どもの権利という観点から見た国会審議の問題点、現行教育基本法の先駆性および政府法案の問題点ないしは欠陥についてです。(中略)はっきり申し上げなければならないのは、実はこの国会の中で子どもの権利という観点からの法案審議がさほど充実してなされていないということです。例えば政府法案の最大のポイントになっている16条ですけれども、ここでは現行法10条の一項の規定の趣旨、すなわち、たとえ国会の定めた法律に基づくものであったとしても行政の行為が不当な支配に該当する場合があり得るのだという現行教育基本法の10条の趣旨が16条においてもなお継承されているのかどうかということがこの議場で大きな問題とされてきました。
 その際、委員の多くの方が引用するのは、76年の最高裁学テ判決ということになるわけですけれども、引用されている部分は、「教育内容に対する国家的介入についてはできるだけ抑制的であることが要請される」と、この部分です。しかしながら、その直後について、一体なぜ国家的干渉が抑制的であることが望まれるのかということの理由を子どもの権利という観点から指摘した次の文章はさほど引用されているわけではありません。読みます。「殊に個人の基本的自由を認め、その人格の独立を国政上尊重すべきものとしている憲法の下においては、子どもが自由かつ独立の人格として成長することを妨げるような国家的介入、…は、憲法26条、13条の規定上からも許されない」と。
 憲法13条は個人の尊重原理を定めたものであります。しかし、もし仮に国家が、人間が自律した大人になる前の子ども時代に自由に干渉することができるとすれば、実は将来における自律した大人というのは子ども時代において根絶やしにされることになるわけです。したがって、憲法13条の個人の尊重原理から見れば、子ども時代を国家干渉からどのように守るのかということは当然重大な関心事とならざるを得ないわけです。
 現行教育基本法の先駆的な性格として指摘しなければならないのは、この関心を既に持ちながらこの教育基本法がもう作られたという事実です。例えば、前文では個人の尊厳を重んじる教育が行われなければならないとはっきり言い、そしてそのような教育の目的が、教育の第一目的が人格の完成、すなわち人格の全面的発達に求められることを1条で明らかにし、その結果としてのみ良き国民形成が行われるということを明らかにしている。さらに、2条においては、そういった人格の完成を満たす教育が行われなければならない方法について規定しているわけですけれども、そこで書いてあることは、「学問の自由の尊重」と「自他の敬愛と協力」なわけです。今風に言いますと、相互尊重と協働に基づいて教育が行われなければならないんだということを2条は実は言っているわけなんですね。
 教育基本法の立法者意思を最もよく示すと言われている1947年の「教育基本法の解説」を読みますと、10条のところを読みますと、実は10条は民主主義国家における国家と国民との関係についての規定なので、本来であれば2条に規定されていてしかるべきだったんだけれども、しかし特に教育行政に関係するので独立した条項に起こしたと言っているわけです。つまり、2条と10条は表裏一体の関係にあり、「自他の敬愛と協力」、「学問の自由の尊重」という言葉は101項において、引用しますが、「教育は国民全体に対して直接責任を負って行わなければならない」と言い換えられているわけです。
引用終わり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さとうきび畑

 最近のことだが、“ざわわ ざわわ ざわわ”とくり返してうたわれるこの歌を、鮫島有美子のCDで聞いて涙をこぼした。この曲は、森山良子や上条恒彦の歌で知られているが、鮫島さんのが、いちばん情感がこめられていると感じた。
 このCD(夜明けのうた~鮫島有美子/私の青春のうた)は、放送部で使っていてみつからない「日本のうた」というCDを再購入しようと探していて見つけたもの。ちなみに、「日本のうた」のなかでは荒城の月が好きだ。“花の宴”とうたうとき、“え”の音が学校で習ったのと半音違うのが新鮮だった(最初の譜はそうなっていたと聞いた)。
 20年前に、沖縄・平和の旅で見た伊江島のサトウキビ畑や糸数の壕を思い浮かべながら、ときどきこの曲を聴こうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さんぱち案

作成途中ですが、見て欲しいのでアップしておきます。ご意見お願いします。
完成すればPDFファイルでアップします。sanpachi062.pdf」をダウンロード

Page001_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

憲法に依拠して

憲法19条 思想及び良心の自由
憲法23条 学問の自由
憲法13条 個人の尊重
憲法26条 教育を受ける権利、教育を受けさせる義務

>一九七六年の最高裁大法廷の判決―「国家権力による教育内容への介入はできるだけ抑制的でなければならない」(中略)―は、この論理を、憲法一三条と憲法二六条から直接に導き出しています。ですから、教育基本法が改悪され、これまでの第一〇条が壊されたからといって、「国家権力による教育内容への介入はできるだけ抑制的でなければならない」という大原則は揺るがないし、これからも政府の手を縛りつづける
(↑これは、日本共産党志位委員長の訴えです。学テ判決↓)
>政党政治の下で多数決原理によってされる国政上の意思決定は、さまざまな政治的要因によって左右されるものであるから、本来人間の内面的価値に関する文化的な営みとして、党派的な政治的観念や利害によって支配されるべきでない教育にそのような政治的影響が深く入り込む危険があることを考えるときは、教育内容に対する右のごとき国家的介入についてはできるだけ抑制的であることが要請されるし、殊に個人の基本的自由を認め、その人格の独立を国政上尊重すべきものとしている憲法の下においては、子どもが自由かつ独立の人格として成長することを妨げるような国家的介入、例えば、誤った知識や一方的な観念を子どもに植えつけるような内容の教育を施すことを強制するようなことは、憲法二六条、一三条の規定上からも許されない

| | コメント (2) | トラックバック (0)

陽はまたのぼる

 朝、夜明けのころに目覚めたので12/16(もちろん、教育基本法改悪が強行された翌日)の日の出を撮りに行きました。
 場所は、大久喜漁港のあたり。水平線の雲がありましたが、陽はのぼりました。ウミネコも飛んでいました。

20061216sunrise

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教育基本法改悪法の成立にあたって

とうとう改悪法案が強行されました。
朝日新聞の地元記者から、教育基本法改悪法の成立を前提としたコメントを求められたので、前から考えていたことを述べました。憲法改悪反対の運動を強めると同時に、憲法に反する内容を持つ改悪法に対して、憲法を支えとして闘い続けることが私たちの課題だと言うことです。内心の自由を侵し、学問の自由を踏みにじり、国民の教育権を奪う法に対しては、憲法を守る立場から闘っていく必要が出てくるのではないでしょうか。
コメントでは述べませんでしたが、乱暴なやり方で教育基本法を踏みにじった与党に対して、審判を下す取り組みも私たちの責務だと思います。
「暴挙を許さない」-この言葉を現実化したい!と思っています。

運動を続けながら、もっともっと強くなりましょう。明日を信じて。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

暴挙に抗議を。徹底審議の要請を。

 参議院特別委員会が審議を打ち切り、改悪法案の採決を強行しました。
 与党のこの歴史的暴挙に、全身の怒りを込めて抗議しましょう。徹底審議の要請を参議院議長に集中しましょう。Faxはなかなか通じませんが、暴挙を許さないために、怒りを込めて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日、今日、明日

 昨日の夕方、短時間ですが街頭宣伝を行いました。高教組、地労連、新婦人、共産党のみなさんが参加し、精一杯、改悪阻止を訴えました。リーフレットはほとんどなくなりました(20部ていどしかありません)。私は、その周辺で宣伝カーを運行していました。
 今日は、特別委員会で採決される恐れがある日、夜は市民劇場の例会がありますし、宣伝物もないので、残念ながら流し宣伝程度です。Fax要請やmailの要請など、個々人が、今日できることは今日やりましょう。
 明日以降のことは、国会の様子を見ながら、明日以降の判断になります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

池田香代子さんの訴え…転載

池田香代子さんからの訴えです。

=============ここから転載============

公明党には、山下栄一参議院議員のような、しごくまともな方がおられます。

「教育について」
http://www.yamashita-eiichi.com/policy/policy_edu_kaikaku.html

いま、公明党議員の良心に訴えませんか?
今週、国会に行けない方がた、ぜひFAX・電話アクションにご参加ください。

*****************************
「世界11月号」の佐高信さんの論文、「公明党の原理的滑落~このまま「下駄の雪」になるのか」の中で「池田名誉会長の教育基本法見直し不要論」という小見出しのもとに、池田大作氏の以下のような見解が引用されています。

2001年5月23日付の朝日新聞「私の視点」に、池田大作氏は、教基法は「見直すより大いに生かせ」と書いたそうです。

「昨今、教育改革が政治日程に上る中、小泉政権の下でも「教育基本法」の見直しが議論されている。私自身は拙速は慎むべきであると考える。基本法の眼目である「人格の完成」など、そこに掲げられた普遍的な理念は、教育の本義に則ったものであり、新しい世紀にも、十分通用するからだ。たしかに、基本法がうたう「人格」や「個性」は抽象的だという指摘もある。しかし、憲法に準ずる基本法の性格を考えれば、抽象性ゆえの普遍性はむしろメリットとして大いに生かせるのではなかろうか。第一に「グローバリゼーション」(地球一体化)はとどめようない時流である。そこでは国益と同時に人類益への目配りが欠かせない。普遍的かつ世界市民的な視野を養うことが、ますます重要になる。
第2に「教育勅語」に盛られたような具体的な徳目は、基本法の性格になじまないと思う。法文化されれば、必然的に権威主義的な色彩を帯びてしまうからだ」(抜粋)

以上は、2001年の発言ですが、現在も同様の見解が創価学会のホームページ上に掲載されています。

http://www.sokanet.jp/sg/FWIM/sn/soka-info/achievements/proposal_01_04.html

このことを、衆参両院の公明党議員に訴えませんか?
わたしたち(りぼん・プロジェクト有志)は、FAXアクションを展開します。

よろしかったら、あなたもひとことを添えて、FAXしてください。

公明党のスタンスを糾弾するのではなく、池田名誉会長が心を痛めているのでは、と心情に訴えるような文面のほうがいいかもしれません。

○池田名誉会長は、心から日本の子ども達の未来を考えておられると思います。そのお心に今回の教育基本法改正案は、かけ離れたものとなっているのではないでしょうか。

とか・・・

○池田名誉会長のお考えと、自民党に寄り添うような公明党の態度の間に大きな矛盾を感じます。なによりも、池田名誉会長が一番、お心を痛めておられるはずです。

とか・・・

============転載終わり==============

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全教委員長アピール

全日本教職員組合 中央執行委員長 石元 巌さんのアピール
一人残らずの組合員が総決起し、渾身の力をこめた一押しで、何としても教育基本法改悪法案を廃案に!
が発表されているので転載します。
 基本は、一人一人ができることを最後まで取り組むことだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふたご座流星群は14日、午後9時極大

 例年安定した出現を見せているふたご座流星群が、12月中旬に見られます。今年の活動ピークは14日の午後9時前後と予報されています。夜半過ぎに月が昇ってくるまでは、良好な条件で観測できるでしょう。
と報じられています。
 私の本業は理科ですから、教基法以外の話題も提供してみました。
 冬の夜空は、美しいですよ。

追記 当地は残念ながら曇り空で、見ることができませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13日夕、三春屋前で。

 13日夕、三春屋前でミニ演説会を開きましょう。連絡会に参加している各団体、街頭宣伝に来た各個人が思いの丈を述べるという企画です。
 地域での行動は、一応13日までの設定です(宣伝カーの運行は15日まで)。寒いのと、日程的にきついので屋外集会はできませんでしたが、12/13の集会をそれに近い行動にできないかと思っています。横断幕はありますが、自作のプラカード等も使用しましょう。のぼりもたくさん立てて、市民にアピールしましょう。
 明日の夕方、5時半からの行動です。
 ご参加下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

許さない-自民党・新憲法草案に基づいた改悪法案は!

 衝撃的なニュースが再び流れています。
 教育基本法「改正」情報センターによると参議院特別委員会の審議で、自民党の手による「新憲法草案」に基づいて法案を作成したという驚くべき事実が明らかになりました。
 教育
基本法案が自民党の新憲法草案を踏み台にしていた、さらに、法案作成過程は「特定のイズム」(=自民党新憲法草案)に支配されていたということです。
 決して許すことのできないやりかたです。
 一方、安倍首相は、11~13日にフィリピンで開催される第10回東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(韓日中)首脳会議に出席することとなっていましたが、「台風」を理由に一連の国際会議が中止になりました。政府・与党はこのことを利用しようとしています。採決を巡る状況は今週がまさしく山場です。

 教育を守り、子どもたちの未来を守るために、最大限の取り組みを!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

転載 12・12&12・14国会行動参加の呼びかけ

============================
教育基本法改悪に反対するすべての皆さんへ
「教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会」呼びかけ人
大内裕和、小森陽一、高橋哲哉、三宅晶子
http://www.kyokiren.net
============================
 12月7日(木)~8日(金)に政府・与党による教育基本法「改正」法案の採決が行われる可能性が高いというマスコミ報道がありましたが、政府「改正」法案の採決はまだなされていません。それは国会内における野党の抵抗とともに、全国各地で広範に展開された教育基本法改悪反対運動の盛り上がりによるものです。
 「教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会」が12月3日(日)から呼びかけた「子どもたちは見ている!!全国ツツウラウラ同時行動」によって、教育基本法改悪反対運動は活気づいています。特に全国連絡会が主催した12月3日(日)の「教育基本法『改正』法案を廃案にしよう!12・3 PEACE&FAIRパレード」と12月5日(火)の「教育基本法の改悪をとめよう!12・5国会前集会」は、この間の運動を大きく活性化させる意味をもちました。 「12・3 PEACE&FAIRパレード」は、現在社会や政治に関わる活動を行うことが容易ではない若い世代によって行われたものでした。パレードには注目が集まり、マスコミでも大きく報道されました。 また「12・5国会前集会」は、これまでで最も多い2000人を超える人々が参加し、教育基本法改悪阻止を強く訴える、熱気ある集会として大成功しました。これらの運動は12月6日(水)~8日(金)の国会前行動や全国各地の運動に大きな刺激を与えるものでした。 こうした運動の力によって、政府・与党が狙っていた12月7日(木)~8日(金)の参議院での採決を阻止することができたのです。
 12月11日(月)から、臨時国会の会期最終週の審議が始まります。12月11日(月)には参考人質疑、12月12日(火)には中央公聴会が行われ、参議院での採決の危険性が最も高まることとなります。教育基本法改悪反対運動を一層盛り上げ、改悪阻止のための最大の行動を起こすべき時です。
 「教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会」は、12月12日(火)には恒例の国会前集会を行うとともに、教育基本法改悪阻止の声を直接国会内に届けるために院内集会を行います。そして参議院での採決のヤマ場となることが予想される12月14日(木)に、緊急国会前集会を行います。 教育基本法改悪を阻止できるかどうかは、「教育基本法「改正」法案成立確実」というマスコミ報道に惑わされたり、決してあきらめたりすることなく、私たちがここでどれだけ力を合わせられるかにかかっています。今週の闘いが決定的に重要です。
 「教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会」が主催する12・12&12・14国会行動に、全国からのご参加をぜひともよろしくお願いします。

追記 12/14には全教も中央行動を予定していて、高教組本部として3名を派遣する予定です。課長交渉の日なので、本部役員以外の参加者を募っています。行ける方は高教組に連絡してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「【アピール】公述人・参考人として教育基本法案の徹底審議を求めます」への市民緊急賛同署名

「【アピール】公述人・参考人として教育基本法案の徹底審議を求めます」への市民緊急賛同署名という取り組みが始められました。
12/13の午後1時に参院特別委員会に提出するそうです。集約は同日午前10時までです。
署名に協力しましょう。まわりの人にもアピールしましょう。

上にリンクを設定しています。また、教育基本法「改正」情報センターHPから入ることができます。

追記 アクセス急増のため、つながりにくかったり、メンテナンス中だったりということがあります。上のリンクからとべない場合は、教育基本法「改正」情報センタートップページhttp://www.stop-ner.jp/で確認してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この土・日に!

 教育基本法「改正」情報センターは、「ここ数日間のあなたの行動が、改悪阻止の流れをつくります」と訴えています。
 全教は、「土・日曜日に地元に帰る地元選出の参議院議員への働きかけを強めましょう」と訴えています。
 また、教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会のあんころブログを読むと本当に多様な各地・各団体、個人の取り組むが投稿されていて勇気づけられます。

 教育基本法阻止三八連絡会は、明日(12/2)12:30~13:30の街宣、各団体からの要請Fax・mail行動を提案しています。流し宣伝は毎日行います(12/10の運転手募集!)。
 今日、12月8日は戦争法…連絡会の集会(31名参加)でしたが、そこでも最終盤の行動として教基法阻止三八連絡会の行動予定が紹介され、参加を呼びかけました。集会では、目を背けたくなる「神風特攻隊」の画像の放映と番地与右ヱ門さんの「教育勅語で育った軍国少年」というお話がありました。参加者は、憲法九条を守り、教育基本法改悪阻止を心に誓ったと思います。

 土・日に私は、流し宣伝と街宣とmail要請をやろうと思っています。Fax要請も追加します。できることはすべて、ですね。

 写真は12.8集会でお話しする番地さんです。 061208  

| | コメント (0) | トラックバック (1)

最終盤の活動について

 12/7に第3回連絡会議を開きました。5団体の参加で、この間の活動・取り組みを報告・交流しました。そして、国会最終盤に向けた取り組みを相談しました。

[11/24以降の取り組み]
特別委員会委員へのFax要請等
 地労連及び各単組の取り組みが報告されました。高教組も分会ごとの分担で進めています。新婦人は県出身の議員に要請しました。
街頭宣伝・署名、流し宣伝
 土・日中心の街頭宣伝は参加者が増えて来ましたが、もっと広げることが必要。流し宣伝は毎日行うことを目標にしましたが、時々休んでいます。行動する人の確保が必要。
事務局等
 うまく機能していません。連絡を密にしていく必要があります。とりあえず、会計業務を県教組の寺下さんが分担することにしました。

[当面の取り組み]
12/9の街頭宣伝を盛大に→三春屋前12:30~13:30
  12/13には、大規模宣伝隊を実施→三春屋前17:30~18:20
   ※集会の実施も検討しましたが、他の日程との絡みで難しいので、「大規模宣伝」をやることにしました。
Fax要請、mail要請をもっと、もっと
流し宣伝も、毎日実施
延長国会になりそうな場合への対応は12/13の事務局会議で検討します。
分担金の納入

お互いにがんばりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もっと広げよう…改悪反対の声!

 12/6の教育基本法改悪反対の中央行動に参加しました。三八からは高教組3名が参加しました。
 12:15が行動開始で、国会前座り込みと集会で、三春屋前で使ってきた横断幕を飾り、ときどきシュプレヒコールをしながら座っていました。
 12/7,8に強行される恐れが無くなったと言う国会情勢報告に、運動への確信を持ち、全国の仲間と連帯して運動をすすめてきたことの成果があらわれていることを実感しました。
 昼食後の集会では、各地、各団体の活動報告がありました。とりわけ印象深かったのが都教組からの発言でした。数十人から百人を超える規模で連日行動していることが報告されました。発言の中で紹介された「学校からの告発」は、都の教育の恐るべき現実が浮き彫りにされていて、改悪反対の取り組みのいっそうの強化を訴えるものです。
 また、和歌山だったと思いますが、全県「1000カ所行動」の報告にもがんばっている様子を印象づけられました。
 会期末まであと9日、「できることをすべてやり尽くそう」というよびかけが力強く響きました。
 126

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今のうちに…

 ココログがメンテナンスのため3日ほど書き込めなくなるので、今のうちにアナウンスです。
 12/7に連絡会の第3回会議を行います。もしかしたら、参議院の山場かも知れません。行動展開について、財政についての相談を予定しています。
 また、街宣を12/9に予定しています。国会への署名提出は12/8で締め切られますので、この日はリーフレットの配付とアピールを予定しています。
 宣伝カーの運行(許可期間は12/1~12/15)は、他の行動に便乗しても行っていますが、できれば毎日運行したいと思いますので、運行が可能な人は事務局にご連絡を。
 私のブログは12/7夜に再開予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イエロー行動開始!

 再掲ですが、イエロー運動が始まりました。
 私も参加を表明したので、今朝から黄色のボールペンをポケットにさしています。
昼食のデザートはミカンにします。明日はバナナ、あさっては黄色のリンゴ…(食べてしまうものは適さないでしょうね)
 今夕は、戦争法の憲法街宣・署名行動がありますが、そこに教基法リーフと黄色いハンカチでも持って参加しようとたくらんでいます。みなさんも参加しませんか。

追記 上記の行動には13人が参加していました。寒い中、がんばっています。私は宣伝カーで中心街と周辺(八東高、一中)を50分程度も走りました。
追記2 12/6中央行動で黄色のネクタイを購入し、イエロー行動実行しました。目立ちすぎで、家に帰って、連れ合いにおかしいと言われたので、今は黄色の蛍光ペンをポケットにさしているだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒風に負けずに!

 12月3日の街宣・署名行動は、寒風吹きすさぶ中で行いました。
 地労連議長、高教組支部長、同支部書記長、県教組支部書記長が交互にマイクを握りました。各人各様の訴えで、いつもとは違った印象を与えていたと思います。
 今日は私教連も参加しました。高教組からは4人参加しました。

 私は、イエロー行動もアピールしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中曽根委員長と下田敦子委員にはがきを

 12/2の中央委員会で、教育基本法改悪の阻止を呼びかけた全教職員に向けた特別決議 が採択されました。アピールは持ち帰った職場もありますが、郵送あるいは電子メールで全職場に配信されます。簡潔で説得力のある決議です。とどいたら、すぐ配布してください。
 また、参議院特別委員会の中曽根委員長と青森出身の下田敦子委員にはがきを集中することにしました。これは月曜日には職場に届くと思いますので、すぐに書いて発送してください。12/8に採決強行の動きがありますので、必ずその前に届けましょう。

 支部としては、先週から取り組んでいる要請Faxを追求します。
 要請案文ダウンロード saninyouseisho.doc (19.5K)
 分担(あて先ダウンロード sanintokubetuiinkai061127.xls (37.0K)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »